CBRより

映画「ブラックパンサー」に出演したマイケル・B・ジョーダンが、HBO Maxでの「スーパーマン」シリーズを開発中で、彼がヴァル=ゾッドとして出演する可能性があるという。

Colliderによると、ジョーダンと彼の制作会社アウトリアー・ソサエティは、脚本を書くライターをすでに雇っているとのことだが、それが誰なのかは不明。ジョーダン自身については、タイトルキャラクターを演じるかもしれないが、まだ確約はしていないと言われている。ジョーダンとアウトリアー・ソサエティは現在、ワーナー・ブラザースとDCフィルム向けに「スタティック・ショック」の映画も開発している。

ジョーダンは、ヘンリー・カヴィルが演じる「マン・オブ・スティール」の代役として何年も前から名前が挙がっていたが、ジョーダン自身は、カル=エルやその他のバージョンのスーパーマンを演じることについて、繰り返し口外してきた。最近、J.J.エイブラムスとタナハシ・コーツが黒人のスーパーマン映画を開発していることが発表された後、彼はこの噂について再び言及した。

トム・テイラー、ニコラ・スコット、ロブソン・ロシャによって生み出されたヴァル=ゾッドは、2014年の「アース2」#19でデビューした。クリプトン星の破壊前に両親を殺された彼は、地球に到着後、引きこもりと平和主義者になった。しかし、地球の黄色い太陽が彼にスーパーパワーをもたらしたことで、彼は自らに課した隠遁生活から抜け出した。

created by Rinker
¥1,200 (2021/09/19 22:28:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/09/18 22:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す