Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ロキ」は、マーベル・シネマティック・ユニバースのタイムスリップのルールに挑戦したが、ドラマでの分岐イベントはある程度の条件と影響度合いによってTVAが剪定を行うか判断される。映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」でスティーブ・ロジャースは、インフィニティ・ストーンズをそれぞれの時間に戻すことを任されていたが、過去にとどまり、ペギー・カーターと充実した生活を送ることを選ぶというシーンが最後にあった。

「ロキ」の監督であるケイト・ヘロンは、この状況に対する明確な答えを持っていないが、マーベルファンにコインには2つの側面があることを思い出させたいと考えている。ヘロンはThe Directのインタビューで、「だから!私はこのことについて考えていた(笑)。私はただ・・・。決定的な答えではないため、みんなは悩むだろうが、私はファンとしてしか答えられない。私の理論はこう。楽観主義者か悲観主義者かで決まる。楽観主義者であれば、2人がそのように生きていてもよかったのかもしれないし、枝を剪定する必要がないほど深刻ではなかったため、2人が一緒にいられることを意味する。ロマンチックな人たちは、なんとかそれが存在していたと言えるのかもしれない。そして悲観的な人は、『きっと剪定されたんだろうな(笑)』と思うだろう。」と述べている。

そして、ヘロンは最終的な判断を下し、TVAの基準から判断すると、ロジャースもカーターも、TVAによって剪定されたと考えられるという。ヘロンは「ロキに書かれているTVAの基準から判断すると、ロジャースもカーターもTVAによって剪定されたと考えている。しかし、それは場合による。例えば、それが別のものであれば、それは我々のメインのタイムラインと並行していることを意味する。剪定されたとは断定したくないが、TVAの論理ではおそらくそう。しかし、意志があるところには方法があり、彼らはあまり混乱することなく、なんとか幸せに暮らしているのかもしれない。」と述べている。

かつてアベンジャーズに敵対したヴィラン・ロキが、“世界の時間”を救う!?
アベンジャーズたちから逃げ出した<裏切り王子>ロキは、“世界の時間”を監視する謎の組織に囚われる。
自由の身になるには、タイムトラベルで実際に起きた重大な事件の“歴史”を変え、“世界の時間”を修復しなければならない。
しかし、そのミッションで、人類の歴史に隠された重大な“謎”が明かされることになる…。
変えたい過去は、あるか。全人類を欺く謎解きタイムトラベルスリラー開幕!

ドラマ「ロキ」はディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
¥25,800 (2021/09/28 05:25:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/09/27 22:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す