CBRより

2016年に公開された映画「スーサイド・スクワッド」のデヴィッド・エアー監督は、「エアーカット」のアイデアを放棄するよう提案した評論家に反論した。

エアーはジェームズ・ガン監督による「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」を好意的に評価した後、エアーに「スーサイド・スクワッド」のディレクターズカットを放棄するよう提案したScreen Internationalの映画評論家、ティム・グリアソンへの回答を投稿した。Twitterでの長文の回答は、父親の自殺、里親、保護観察、薬物中毒、海軍での勤務など、幼少期の悲劇的なエピソードから始まった。彼はこれらの経験が彼の忍耐力を形成しただけでなく、彼の最初の大規模な脚本「トレーニングデイ」の出来事に影響を与えたことを語った。「トレーニングデイ」をスタジオに売り込んだことについて語り、「もちろん、当時は誰も信じてくれなかった。優しいハリウッドの人たちは、警官があんなに腐敗しているなんて信じなかったんだ。」と述べている。

続いて、スタジオでカットされた「スーサイド・スクワッド」について、彼のオリジナル脚本との対比を語った。「私は『スーサイド・スクワッド』に人生をかけた。私のカットは、(私の魂に響くテーマである)クソされて捨てられた『悪人』たちの複雑で感情的な旅だ。スタジオカットは私の映画ではない。もう一度読んでみて。」と述べている。

さらにエアーは、実際に見た人はほとんどいないと話しながら、彼のカットがどのようなものだったかを説明した。「私のカットは、10週間後のディレクターズカットではない。ジョン・ギルロイの素晴らしい作品の上に立って、リー・スミスが完全に成熟した形で編集したもの。全編、スティーブン・プライスの素晴らしいスコアで、ラジオ曲は1曲もない。伝統的なキャラクターアーク、素晴らしいパフォーマンス、第3幕のしっかりとした解決策がある。この映画を見た人はほんの一握りだ。もし誰かが見たことがあると言ったら、それは見たことがないということだ。」と説明している。彼はガン監督と「ザ・スーサイド・スクワッド」のキャストとスタッフの無事を祈り、「私はもうこの件について公に話すことはない」と声明を締めくくった。

エアーは以前より「スーサイド・スクワッド」の最終カットがワーナーによって大きく変更されたことを明らかにしており、スナイダー監督の「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の評判が悪かったことと、「デッドプール」の成功を理由に、ワーナー・ブラザースが撮り直しや最終編集において多くの変更をさせられたことを挙げていた。「私の魂のこもったドラマは、『コメディ』に打ちのめされた」と、エアーは当初想定していたトーンに言及している。ファンによる「#ReleaseTheSnyderCut」の成功に続いて「#ReleaseTheAyerCut」がトレンド入りした。

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は2021年8月13日より日本公開予定。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2021/09/27 14:10:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2021/09/27 17:32:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す