CBRより

時期「バットガール」映画に、バーバラ・ゴードンの父親でも知られるジェームズ・ゴードンをJ・K・シモンズが再演すると報告された。

The Hollywood Reporterによると、映画「ジャスティス・リーグ」に出演したシモンズが、本作でゴッサム市警のゴードン本部長を再び演じるために交渉中だという。

シモンズは「ジャスティス・リーグ」でゴードンを演じているが、マット・リーヴス監督の「ザ・バットマン」ではジェフリー・ライトがゴードン役を演じることになっており、連続性のないDC映画となる。そのため、HBO Maxに所属する「バットガール」がDCEUの一部であることが確認される。

「バットガール」は2017年3月に発表され、その際、ジョス・ウェドン監督が、New 52版のバーバラ・ゴードンからインスピレーションを得て、脚本、監督、製作を行うと言われていた。その後数ヶ月間はプロジェクトにほとんど動きがなかったが、2018年2月にウェドン監督の離脱が発表され、翌年4月には「フラッシュ」と「バーズ・オブ・プレイ」の脚本家であるクリスティーナ・ホドソンが脚本を担当することになった。

映画「バットガール」のリリース日は未発表。

created by Rinker
¥1,200 (2024/02/29 08:17:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,781 (2024/02/29 08:17:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す