CBRより

マーベル・スタジオ社長兼マーベル・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのケヴィン・ファイギは、ディズニーの「ブラック・ウィドウ」への対応と、スカーレット・ヨハンソンの訴訟への対応について非常に不満を持っているという。

The Hollywood Reporterの元エグゼクティブ・エディターであるマシュー・ベローニは、自身のニュースレター「What I’m Hearing…」の中で、「ブラック・ウィドウ」の件に対するファイギの反応を報告している。ベローニは「ファイギはビジネスマンであり、企業間の対立や怒鳴り合いの喧嘩にはあまり興味がない。しかし、彼は怒っていて恥じていると聞いている。彼は『ブラック・ウィドウ』の日時指定の計画に対してディズニーに圧力をかけ、大画面での独占権を好み、自分のスターを邪魔したくなかった。そして、事態が悪化し、映画が失敗し始め、ヨハンソンのチームが訴訟を起こすと脅したとき、彼はディズニーに彼女との関係を修復することを望んだ。」と記載している。

ベローニはまた、「この件でファイギがマーベルを去るとは思わない」としながらも、「ブラック・ウィドウ」で契約が終了したヨハンソンよりも、ファイギの方がマーベル・スタジオとディズニーの将来にとって重要であると指摘している。このことが、ディズニーの解決策に影響を与えるかどうかは不明。

この訴訟は7月29日に発表された報道によって明らかになったもので、ヨハンソンはマーベルの「ブラック・ウィドウ」をストリーミング配信と劇場公開を同時に行ったことで、契約違反の疑いがあるとしてディズニーを訴えてい。ロサンゼルス高等裁判所に提出された訴訟では、マーベル・エンターテインメントが「ブラック・ウィドウ」の独占的な劇場公開を保証し、彼女の給料は映画の商業的業績に基づいて決定されるとしている。ディズニープラス プレミア アクセスでも公開されたことで映画の興行収入が減少したため、ヨハンソンは5,000万ドル以上の損失を被ると予測されている。

ヨハンソンの代理人の1人であるジョン・ベルリンスキー弁護士は、「ディズニーが『ブラック・ウィドウ』のような映画を直接ディズニー・プラスで公開し、加入者を増やして会社の株価を上げようとしているのは秘密ではない。」と述べ、同社が現在進行中の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを口実にしていると主張した。ディズニーは声明の中で、「この訴訟には何のメリットもない。この訴訟は、COVID-19パンデミックの世界的な影響の恐ろしさと長期化を無視したもので、特に悲しく、心苦しいもの。ディズニーはヨハンソンさんの契約を完全に遵守しており、さらに、『ブラック・ウィドウ』のDisney+でのプレミア・アクセスでの公開により、彼女がこれまでに受け取った2,000万ドルに加えて追加報酬を得る能力が大幅に向上した。」と述べている。

全世界No.1映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のマーベル・スタジオ最新作
『ブラック・ウィドウ』最新予告!
孤独な暗殺者ブラック・ウィドウは、なぜアベンジャーズになったのか――?
ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。
姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。
唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。
だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!
ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

映画「ブラック・ウィドウ」は劇場公開及びディズニープラス プレミア アクセスにて公開中。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/27 23:18:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/09/27 22:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す