Newsaramaより

マーベルは「ドクター・ストレンジ」の死による影響を探るワンショット「デス・オブ・ドクター・ストレンジ:スパイダーマン」を発表した。

ライターのジェド・マッケイとアーティストのマルセロ・フェレイラによって描かれ、「ダムネーション」でドクター・ストレンジと交流を持っているベン・ライリーが、ストレンジの残した義務に対処していく。

マッケイは「ドクター・ストレンジは死んだ。しかし、彼の義務は生き続けている。ニューヨーク中に、ドクター・ストレンジが対処した魔法の脅威が存在し、彼がいなくなった今、その義務はスパイダーマンに課せられている。しかし、現在利用できるスパイダーマンは、ストレンジが期待していたスパイダーマンではなく、ベン・ライリーはニューヨークの奇妙な現象をコントロールし、自分がタイトルにふさわしいことを証明するために、時間との戦いに臨むことになる。」と述べている。

ライリーはニューヨークの新しい魔法の保護者として、ブラックキャットの助けを得ることとなる。ブラックキャットは、90年代の「クローン・サーガ」でライリーがスパイダーマンの役割を引き受けたことを最初に知った人物の1人。マッケイによるとフェリシアの性格上、彼女は本当は助けに来たのではなく、「彼が壊れて燃えるのを見届けたい」のだという。

「デス・オブ・ドクター・ストレンジ:スパイダーマン」#1は11月に発売予定。

created by Rinker
Marvel
¥12,524 (2021/09/27 19:49:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥737 (2021/09/27 14:40:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す