Comicbook.comより

HBO Maxにて配信される映画「ザ・スーサイド・スクワッド」のスピンオフ「ピースメイカー」の監督ジェームズ・ガンが、ドラマが「これまでのどのスーパーヒーロードラマよりもアクション性が高い」と語っている。

ガンはEntertainment Tonightとのインタビューで、「大きな計画があるわけではないが、私がやりたいと思っていることだし、キャストがやりたいと思っていることもわかっている。」と語り、シーズン2ついて「まだピックアップされていないので、HBO Maxから何が起こるかを見守らなければならない。」と述べている。

全8エピソード中5話を監督しているガンは、「来シーズンは、すべてのエピソードを監督したいと思っている。ご覧の通り、『ピースメイカー』は、これまでのスーパーヒーローものとは全く異なる番組。何よりもまず男が主人公で、スーパーヒーローは二の次。しかし、この映画は大きなSF映画であり、これまでのどんなスーパーヒーロー番組よりもはるかに多くのアクションが盛り込まれている。完全に独自の作品なんだ。」と述べている。

ようこそ、地獄へ――世界を救えるのは、全員ヤバすぎる“悪党”だけ!
世界中の誰もが知る「バットマン」や「ジョーカー」といったキャラクターを生み出したDCコミックス。そんな作品を創り出す彼らが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督を迎えて贈る最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。何をしでかすかわからない、クセの強すぎる全員ヤバい寄せ集団=“極”悪党の“スーサイド・スクワッド”に世界は託された!?彼らの首の後ろには爆弾が埋め込まれ、もし裏切ったり、何かをしでかせば容赦なく吹っ飛ばされてしまうという状況下、超デンジャラスなデス・ミッションに挑む!すべてノリで行動する“極”悪党の彼らにしか解決することができないミッションとは?彼らを待ち受ける運命とは!?

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は2021年8月13日より日本公開予定。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2021/10/22 16:40:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2021/10/21 21:44:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す