Comicbook.comより

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のオープニング週末の興行成績は、これまでに予測されていた期待に応えることができなかった。

映画はオープニング週末に予測されていた3,000万ドルを下回る2,650万ドルを獲得し、パンデミック中に公開されたR指定の映画の中で最大のオープニングを記録した。しかし、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが登場する作品の中では、3日間の合計で最も低い数字となる。この映画のパフォーマンスを分析する際には、いくつかの要因を考慮する必要がある。

新型コロナウイルスのワクチンが広く普及したことで、映画館は活気を取り戻したように見えたが、最近のデルタ株による感染者の急増を受けて、CDCはワクチンを接種した人でも室内ではマスクを着用するように提案した。このような状況下では、劇場に足を運ぶ予定だった人たちは、不安な気持ちで家にいることになるだろう。更に家にいた場合でも米国ではHBO Maxにて「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」が、15ドルのサブスクリプション料金のみでの視聴が可能。劇場の動員数が少なくても、ジェームズ・ガン監督の作品は批評家の間で評価が良くロッテン・トマト等のスコアは高い。

ようこそ、地獄へ――世界を救えるのは、全員ヤバすぎる“悪党”だけ!
世界中の誰もが知る「バットマン」や「ジョーカー」といったキャラクターを生み出したDCコミックス。そんな作品を創り出す彼らが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督を迎えて贈る最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。何をしでかすかわからない、クセの強すぎる全員ヤバい寄せ集団=“極”悪党の“スーサイド・スクワッド”に世界は託された!?彼らの首の後ろには爆弾が埋め込まれ、もし裏切ったり、何かをしでかせば容赦なく吹っ飛ばされてしまうという状況下、超デンジャラスなデス・ミッションに挑む!すべてノリで行動する“極”悪党の彼らにしか解決することができないミッションとは?彼らを待ち受ける運命とは!?

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は2021年8月13日より日本公開予定。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2022/01/28 07:27:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2022/01/27 18:46:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す