Newsaramaより

DCは歴代ロビンが集計する新たなミニシリーズ「ロビンズ」を発表した。全6号のシリーズはライターのティム・シーリーとアーティストのバルデマール・リーバスによって描かれ、ディック・グレイソン、ジェイソン・トッド、ティム・ドレイク、ダミアン・ウェイン、ステファニー・ブラウンの5人のロビンが一堂に会し、忘れ去られたオリジナルのロビンを名乗る新たなヴィランと対峙する。

数十年にわたり、バットマンはダイナミック・デュオの役割を何人もの相棒に担わせてきたが、「ロビンズ」ではディック・グレイソンよりも先にロビンの役割を果たした可能性のある人物を登場させることで、これまでのロビンの歴史と遺産全体を変えるかもしれない、バットマンの過去の隠された章に光を当てることになる。

「ロビンズ」はDCの「ラウンド・ロビン」プロジェクトに含まれており、このプロジェクトは出版社がソーシャルメディアを通じてファンに様々なプロジェクトへの投票を求めたもので、最終的には「ロビンズ」が選ばれた。

「ロビンズ」#1は11月16日より発売予定。

created by Rinker
¥2,406 (2021/09/19 22:23:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DC Comics
¥3,449 (2021/09/19 22:23:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す