ScreenRantより

公開中の映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」ではDCコミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

以下、公開中の映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のネタバレが含まれますので注意してください。










30.オープニング曲の参照

DCEUファンがベルレーブ刑務所の壁の中に再び招かれるときにオープニングクレジットで流れる曲は、ジョニー・キャッシュの「フォルサム・プリズン・ブルース」。この曲は、カリフォルニア州の悪名高い刑務所を題材にした映画を見たキャッシュが作曲したもので、「ザ・スーサイド・スクワッド」と同じように刑務所内で演奏されたことで有名。

29.ウィーゼルの奇妙なコミックスの起源

ジェームズ・ガンが確認したように、ショーン・ガンのウィーゼルの奇妙なデザインは、バークリー・ブレシドがコミックストリップ「ブルーム・カウンティ」のために制作しただらしないコミックの猫、ビル・ザ・キャットをベースにしている。彼はガーフィールドの隠し子で、その限られた語彙と突き出た目を「ザ・スーサイド・スクワッド」の最も奇妙なキャラクターに貸している。

28.『ザ・スーサイド・スクワッド』が続編であることを裏付ける参照

血まみれのオープニング・シーケンスで、ジェイ・コートニーのブーメランは、リック・フラッグとハーレイ・クインの両方に、少なくとも親しい元同僚として挨拶している。ハーレイ・クインの場合は、フラッグとブーメランが彼女の正真正銘の友人であったことが確認されている。彼らの親しさが示すバックストーリーは、2016年の「スーサイド・スクワッド」に続く作品であることを裏付けている。他のどこにも明示されていないが、これで十分。

27.サバントは弱点

ガンはサバントを冒頭のビーチでの襲撃の事実上の主役として使うことを選んだが、その結果、サバントは臆病者であり、アマンダ・ウォラーの計画の弱点であることが確認された。この弱点は、サバントがNew 52以降に再登場した際に、タスクフォースXの負債を知るための拷問実験の弱点として確認されたことと合致する。

26.アマンダ・ウォラーのベルレーブサポートチーム

タスクフォースXのメンバーは全員、コミックからそのまま移植されているか、コミックのキャラクターを再構築したものになっている。また、アマンダ・ウォラーのあまり目立たないサポートチームも同様で。スティーブ・エイジーのジョン・エコノモス、ティナシー・カジェセのフロー・クロウリー、ジェニファー・ホランドのエミリア・ハーコート、スティーブン・ブラックハートのブリスコは、すべてコミック「スーサイド・スクワッド」からのキャラクター。コミック同様、ブリスコーはタスクフォースXのヘリコプターパイロット。

25.ジョン・オストランダーのベルレーブでのカメオ

スーサイド・スクワッドの生みの親であるジョン・オストランダー自身も、ベルレーブでA.R.G.U.S.と行動を共にするフィッツギボン医師として、オープニングにカメオ出演している。彼はサバントに脳爆弾を投与する医師で、どことなく威圧的な喜びを感じさせる。

24.コルトマルタ島

南アメリカの沖合に位置するコルトマルタ島は、「バットマン:ダークナイト・リターンズ」のために作られた島で、ソビエト連邦が支援する反乱軍による反乱の舞台となっている。コミックではアメリカが政府を支援しており、「スーサイド・スクワッド」でアメリカ政府がスターフィッシュ計画を隠すためにこの島を利用していたことが明らかになったことと符合する。DCコミックスでの島は、ヒューゴ・プラットが生み出した冒険家のキャラクターに敬意を表して名付けられた。また、1989年の「バットマン」では、この島と革命が背景にある出来事として言及されている。

23.スーパーマンのクリプトナイト弾

映画のトレーラーで早くも確認されたように、ブラッドスポートはスーパーマンをクリプトナイト弾で撃ち、マン・オブ・スティールをICU送りにしたことでベルレーブに収容されている。これはDCコミックのページからそのまま引用したストーリーで、レックス・ルーサーがスーパーマンを殺すための手段としてデュボアを特定した。選んだ武器はクリプトナイト針を発射する銃で、ブラッドスポートは25人以上の罪のない一般市民を殺してスーパーマンを引き出した後、それを使ってスーパーマンを撃った。DCアニメ映画「ジャスティス・リーグ:ドゥーム」でも、スーパーマンはクリプトナイト弾で撃たれている。

22.クレージー・キルト

ベルレーブ刑務所の背景には、DCコミックスの著名なヴィランが何人か登場している。その中には、バットマンのもう1人の低レベルな敵であるクレイジー・キルトが新たに登場している。コミックではクレージー・キルトは著名な芸術家であり、犯罪の達人でもあるが、銃で撃たれて盲目となり、実験的な治療の結果、明るい色しか見えなくなっている。ガン監督の脚色では、クレイジー・キルトは特徴的なコミックスの衣装から、皮膚へと変形しているように見える。

21.ショーン・ガンによる他のカメオ – カレンダーマン

ジェームズ・ガンの映画のため、弟のショーン・ガンが2役をこなし、撮影現場でウィーゼルの代役を務め、実写の人間のキャラクターも演じている。ベルレーブ刑務所では、DCのヴィランであるカレンダーマンを演じている。コミックと同じく、カレンダーマンのハゲ頭と頭蓋骨に刻まれた1年の月のタトゥーを完全に再現している。

20.ダブル・ダウン

ショーン・ガン演じるカレンダーマンがポルカドットマンを侮辱するときに一緒に笑っているベルレーブ刑務所の犯罪者は、DCEU版のダブル・ダウンであると思われる。コミックでは、ジェレミー・テルとして知られており、怒りに駆られてポーカーの対戦相手を殺してしまったときに、魔法のカードデッキに呪われてしまった。映画のキャラクターデザインにもあるように、彼はカードを体に貼り付けた後に皮膚を剥がし、鋭利な弾丸として敵に投げつけることができる。

19.キング・シャークの本

シルヴェスター・スタローンが演じるキング・シャークが初めて観客に紹介されるとき、彼は本を読んでいた。ナナウエは賢いふりをして、哲学者ウィリアム・ジェームズによる「宗教的経験の諸相(The Varieties of Religious Experience)」を読んでいる。逆さまに。

18.シャーク・ゴッドとナナウエの起源

キング・シャークが登場すると、彼のバックストーリーにあるシャーク・ゴッドの子孫であるという事実が蔑ろにされているが、ベルレーブの所長はそれを信じていないようだ。これはキング・シャークの実際のコミックでの出自と一致している。彼は「すべてのサメの王」別名シャーク・ゴッドの息子と言われていたが、その主張の信憑性には疑問があった。彼が歩くサメ人間であることは明らかであるにもかかわらず、彼の出自は単なる迷信として片付けられてしまった。「アクアマン:ソード・オブ・アトランティス」では、ついに彼がサメの神の息子であることが確認された。

17.スターフィッシュ計画 – 現実からのインスピレーション

スターロのデザインが「スターフィッシュ計画」というコードネームにふさわしいことは言うまでもないが、実はこの名前には実在の由来がある。1962年、アメリカの核実験プログラムの一環として、ソーロケットが宇宙空間に向けて発射され、大気中で意図的に爆発させた。この実験は「スターフィッシュ・プライム」として知られており、人類ができるからという理由だけで宇宙に干渉するという「ザ・スーサイド・スクワッド」で確立された考えに合致している。

16.ハーレイの新たなタトゥー

ハーレイ・クインはジャレッド・レト演じるジョーカーとの有害な関係から前進し、その個人的な成長の印として、2016年の「スーサイド・スクワッド」の終わりから、背中の1つのタトゥーを変更した。かつては「Property of Joker(ジョーカーの所有物)」と書かれていたタトゥーが、今作では「Property of No-One(誰の所有物でもない)」と書かれている。

15.ハーレイ・クインのジャケット

また、ハーレイ・クインは最初のミッションに向かうヘリに乗った際に、ミスターJとの嫌な過去を連想させるように、新しくなったデザインのジャケットを披露している。背中には「live fast, die clown(生き急ぐ、ピエロの死)」の文字が入っており、かつての犯罪と人生のパートナーへの敬意を表している。

14.ハーレイ・クインはエビータ・・・ちょっとだけ

ハーレイ・クインのコルトマルタのサブプロットでは、ハーレイは独裁者シルヴィオ・ルナ将軍との交際と結婚を迫られている。彼女を誘惑した後、彼は彼女が民衆に人気があることを伝え、民衆のお気に入りと結婚することでコルトマルタ人とつながり、民衆の男としてのイメージを固めようとしている。これはマドンナ演じるエビータがホアン・ペロンと出会い、彼らのロマンスが彼を民衆のリーダーとしてさらに結びつけるという「エビータ」の筋書きと非常によく似ている。ルナにとって残念なことに、ハーレイを自分のエビータにしたいという願望は、計画通りにはいかなかった。

13.ハーレイはジョーカーの仕打ちに報いを受ける

ジャレッド・レト演じるジョーカーは今作には登場しないが、ハーレイ・クインには彼の遺志が受け継がれており、彼女はついに2人の関係に終止符を打つことになる。彼女の求婚者であったルナが、敵を殺してその家族(子供を含む)をスターロのために犠牲にすると言ったとき、彼女は彼を殺し、殺人は彼女にとっての危険信号の1つであると伝えた。彼女は危険信号を見逃した過去から得た教訓を語り、明らかにレト演じる犯罪の道化師のことを語っている。

12.ポム・クレメンティエフの秘密のカメオ

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」からネイサン・フィリオン、シルヴェスター・スタローン、マイケル・ルーカー、ショーン・ガン、スティーブ・エイジーを起用しただけでなく、ジェームズ・ガンはMCUのマンティスことポム・クレメンティエフにも目を見張るようなカメオ出演を果たした。彼女はタスクフォースXが「シンカー」を捕らえるために潜入したバーのステージで歌手を演じている。

11.ブラッドスポーツのヘルメットはエイリアンがモチーフ

イドリス・エルバが演じるブラッドスポートは、コミックではバンダナを巻いていたが、映画では骸骨のようなヘルメットをはじめとするハイテクな装甲に変更されている。このデザインは明らかにエイリアンのアイコンであるゼノモーフを彷彿とさせるもので、ジェームズ・ガン監督もそれを率直に認めている。

10.セバスチャン・ザ・ラットの有名声優

「ラットキャッチャー2」の愛すべき相棒ネズミのセバスチャンを演じるのは、ベテラン声優のディー・ブラッドリー・ベイカー。ベイカーがネズミを演じるのは、「サンダーキャッツ」のネズミ、「フランケンウィニー」のワー・ラット、ゲームソフト「ラタトゥイユ」のタイアップなど、これで8回目。

9.DCコミックスにおけるソル・ソリアのバックストーリー

自由戦士のリーダーであるソル・ソリアは、DCコミックスのキャラクターを直接採用したものではないが、スーサイド・スクワッドのメンバーにリンクしている。彼女の名前はジャスティス・リーグのメンバーを目指していたが、拒絶されて犯罪に手を染めたスーサイド・スクワッドの下っ端、フアン・ソリアに敬意を表して付けられた。彼の能力は、ナノマシンが埋め込まれた手のおかげでどんな鍵でも開けることができ、あるミッションに参加した際には、ポジティブさを餌とするエイリアン・クイーンの餌として使われた。彼の運命はほとんど知られていないが、新しい仲間であるキラー・クロックが彼を食べたと考えられている。

8.ポルカドットのオリジンとS.T.A.R.ラボ

「スーサイド・スクワッド」では、ポルカドットマンの母親が物語の重要な部分を占めているが、彼女はコミックに登場する誰かをモデルにしているわけではない。彼女が実験によって子供たちに超能力を与えようとしているというバックストーリーは、ドラマ「ザ・ボーイズ」によるホームランダーのオリジン・ストーリーによく似ている。そして、彼女の残酷さにはグラニー・グッドネスがある。さらに重要なのは、ポルカドットマンが彼女がS.T.A.R.ラボで働いていたことを確認していること。おそらく、サイラス・ストーンと一緒に働いていたようで、つまりストーンがサイボーグの命を救うために、マザーボックスを使ってサイボーグに力を与えることを強制したことと、彼女が子供たちを虐待したことが暗い類似点になっている。

7.ヨトゥンヘイム

MCUファンならば、「ソー」に登場するフロストジャイアントの本拠地としヨトゥンヘイムの名を知っているだろうが、その北欧神話はDCにとっても公平に利用できるもの。今作の場合、ヨトゥンヘイムはコルトマルタにあるスターロの監獄で、DCコミックスの「スーサイド・スクワッド」#1でデビューし、マーロ大統領がアメリカを攻撃するために雇ったテロリスト集団(ジハード)を収容していたことから、そのまま採用されている。

6.ラタトゥイユ

ハーレイ・クインを脱獄させるというミッションにおいて、ラットキャッチャーのコードネームは「ラタトゥイユ」であることが確認されている。これは、カリスマ的なネズミの相棒を持つ主人公を描いたピクサーの名作にちなんだもの。

5.リック・フラッグの死

ヨエル・キナマン演じるリック・フラッグは、キャラクター的にオリジナルの「スーサイド・スクワッド」から最も大きく変わった人物であり、彼の死は今作で最も心が痛む瞬間。しかし、リック・フラッグは、ジョン・オストランダーが描いたオリジナルの「スーサイド・スクワッド」のコミックの中で、爆発によって実際にヨトゥンヘイムの中で死んだため、驚くべきことではない。

4.スターロはヤベー怪獣

トレーラーで確認できるように、スターロはコルトマルタを攻撃する際に、スティーブ・エイジー演じるジョン・エコノモスに「freakin’ kaiju(ヤベー怪獣)」と言われている。この言葉はもちろん、1954年の「ゴジラ」で始まった日本の怪獣ジャンルを指しており、ガン監督は日本の特撮であるウルトラマンや仮面ライダーのファンであることを公言している。

3.ロイド・カウフマンのトロマにインスパイアされたカメオ出演

今作は、ジェームズ・ガンがトロマ・フィルムズの製作者であった過去を持つおかげで、コミックの「スーサイド・スクワッド」の製作者であるジョン・オストランダーへのラブレターと言っても過言ではない。膨大なレベルのゴアはそのオマージュの1つだが、トロマの創始者であるロイド・カウフマンのカメオ出演もあり、コルトマルタのバーの背景で踊る常連客を演じている。カウフマンはこれまでガン監督のすべての作品に登場しており、ジョン・シナが演じるピースメイカーの背後で、大胆な造形をしている姿を見ることができる。

2.ポスト・クレジットでは、ピースメイカーのドラマが設定されている

ジョン・シナ演じるピースメイカーは、今作の最後にブラッドスポートとの決闘で殺されたように見えたが、エンドクレジットのシーンで首を撃たれても生き延び、A.R.G.U.S.によってアメリカに連れ戻されたことが明らかになった。ジョン・エコノモスはA.R.G.U.S.のクルーがピースメイカーのハンドラーになることで罰せられているようだと訴えており、今作の出来事に続いてHBO Maxでの「ピースメイカー」のシリーズが予定されていることを裏付けている。このストーリーは、コミックの中でピースメイカーがチェックメイトの目の下で米国政府のエージェントとして働いていた時代と平行しているようだ。

1.デヴィッド・エアー監督への感謝の言葉

ジェームズ・ガン監督は今作のクレジットで、「スーサイド・スクワッド」の監督デヴィッド・エアーに感謝の言葉を添えている。ガン監督の作品は、2016年に公開された「スーサイド・スクワッド」に続くものではないと主張されていたが、ハーレイ、フラッグ、ブーメランのダイナミックな動きなど、いくつかの点で続いており、ガン監督は公開された最終カットが彼の構想ではなかったとしても、これらのキャラクターはエアー監督の作品に負うところが大きいとしている。

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は2021年8月13日より日本公開中。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2021/09/27 14:10:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2021/09/27 17:32:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す