公式より

マーベルは11月に発売される「アベンジャーズ」#50が通算750号となり、96ページに及ぶ特大号となることを発表した。「アベンジャーズ」#750はシリーズのライターであるジェイソン・アーロンとアーティストのカルロス・パチェコ、アーロン・クーダー、エド・マクギネス、ハビエル・ガロン等によって描かれ、今年のフリーコミックブックデイでファンが出会った新たなヴィランたち、「ザ・マルチバーサル・マスターズ・オブ・イーヴィル」が登場し、驚愕の展開が待ち受けているという。

また、「ワールド・ウォー・シーハルク」の衝撃的な結末、先史時代のアベンジャーズの真の目的、アイアン・インクィジターの衝撃的な秘密、アベンジャーズの驚くべき新メンバーの募集、そしてアベンジャーズの歴史に新たな時代をもたらすマルチバースでのゴースト・ライダーの復讐の旅などが含まれるという。

アーロンは、「『アベンジャーズ』750号に参加できることを大変光栄に思う。この号を、可能な限り荒々しく、フェンスを振り回すような壮大なストーリーのキックオフとして使用することで、タイトルの豊かな歴史と象徴的なキャラクターたちを祝福したいと考えている。『アベンジャーズ』の過去50号で私が行ってきたことすべてがこれにつながっているというだけではなく、私がマーベル・コミックでの15年間で書いてきたほとんどすべての主要シリーズにまで遡って、次の1年分のストーリーにつながる糸がある。」と述べている。

さらに、数々の賞を受賞した「The Sun-Eater」シリーズで知られるベストセラー作家のクリストファー・ルオッキオが、スーパースターアーティストのステスティーブ・マクニブンと共に、ソーを主役にしたボーナスストーリーでマーベル・コミックにデビューする。ルオッキオは「アベンジャーズの歴史の一部を担うことができて光栄だ。また、スティーブ・マクニブンと協力して、少しクラシックなソーをお届けできることに興奮している。自分が育ったキャラクターと一緒に仕事をするのは少し非現実的だが、雷神にふさわしい物語を語れたと思っている。」と語っている。

「アベンジャーズ」#50は11月17日より発売予定。

created by Rinker
¥3,520 (2021/09/18 23:12:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,270 (2021/09/19 03:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す