Newsaramaより

11月の「アメイジング・スパイダーマン」はベン・ライリーがメインのスパイダーマンとして「スパイダーマン・ビヨンド」が続き、スパイダーマンの古くからのヴィランであるクレイヴン・ザ・ハンターとモービウス・ザ・リビング・ヴァンパイアが戻ってくる(この2人はソニーの映画の主役を務める)。

まず、11月3日発売の「アメイジング・スパイダーマン」#78でモービウスに「残酷にも倒される」ことになり、その後、11月17日発売の「アメイジング・スパイダーマン」#79と11月24日発売の「アメイジング・スパイダーマン」#80で、クレイヴンの「幻覚」の罠にかかり、「正気を失い、不可能なことをやらされる」ことになる。

なお、「アメイジング・スパイダーマン」78号および79号に登場するクレイヴンが、「アメイジング・スパイダーマン:ハンテッド」で死亡したオリジナル版なのか、それとも父の死後に父の称号と武器を遺された息子なのかは不明。

さらに11月10日には「アメイジング・スパイダーマン#78.BEY」というタイトルのサイド号が発売され、ドーターズ・オブ。ザ・ドラゴンとトレーニングをしている。この号ではオブシディアン・スターという新しい悪ヴィランも登場予定。

「アメイジング・スパイダーマン」#78は11月3日より発売予定。

コメントを残す