Comicbook.comより

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は、マーベル・シネマティック・ユニバースで「アイアンハート」を演じる女優、ドミニク・ソーンをキャストに加えた。ソーンは以前、Disney+(ディズニープラス)にて配信される「アイアンハート」シリーズにMCUのリリ・ウィリアムズとして出演することが発表されていた。マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは、ソーンがアイアンハートとしてMCUデビューすることをComicBook.comに認めている。

ファイギは「現在、『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』を撮影中だが、リリ・ウィリアムズというキャラクターは、まず『ブラックパンサー2』でお目にかかることになる。彼女は今週、『アイアンハート』シリーズの前に撮影を開始したと思う。」と述べている。

マーベル・コミックの世界では、リリ・ウィリアムズは10代の天才技術者で、自分でアイアンマン・スーツを設計する。父の死後、母と叔母の3人でシカゴに住んでいおり、15歳でMIT(マサチューセッツ工科大学)の入学許可を得る。映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」はMITでも撮影されると報告されており、リリ・ウィリアムズの登場と結びつく。

「ワカンダ・フォーエバー」はレティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセット、マーティン・フリーマンが復帰し、ライアン・クーグラーによって監督される。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は2022年7月8日より米公開予定。

「アイアンハート」はディズニープラスにて配信予定。

created by Rinker
¥300 (2021/12/08 09:30:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,474 (2021/12/08 16:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す