CBRより

スカーレット・ヨハンソンの弁護団は、現在進行中の「ブラック・ウィドウ」の訴訟を密室で進めようとしたディズニーを非難した。

Deadlineが報じたところによると、ヨハンソンの主任弁護士であるジョン・ベルリンスキーは、「当初、スカーレット・ヨハンソンに対する女性差別的な攻撃でこの訴訟に対応した後、ディズニーは今、予想通り、自分の不正行為を秘密の仲裁で隠そうとしている」と述べている。この発言は、ディズニーがこの訴訟を仲裁に移し、世間の目から遠ざけるよう要求した後のもの。

ベルリンスキーは「なぜディズニーはこの件を公の場で訴訟することをそれほど恐れているのか?なぜなら、マーベルが『ブラック・ウィドウ』を他の作品と同じように一般的な劇場公開をすると約束したことは、ディズニーがDisney+(ディズニープラス)の加入率を上げるために興行収入をカニバライズしないことを保証するために必要なことだと知っているから。しかし、それはまさに起こったことであり、それを証明する圧倒的な証拠を提示することを楽しみにしている。」と述べている。

ディズニーのCEOであるボブ・チャペックは、先日の決算説明会で、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを主な理由として、「ブラック・ウィドウ」の公開戦略を擁護した。ヨハンソンや「ブラック・ウィドウ」については直接言及しなかったが、チャペックはディズニーはヨハンソンとの契約以外にも「何百ものタレント契約を結んでおり」、それらは「大体において非常にスムーズに進んでいる」と述べた。

ヨハンソンは、9作目で最後のマーベル映画となる「ブラック・ウィドウ」の劇場公開とディズニープラス プレミア アクセスでの同時公開が契約違反であるとして、ディズニーを提訴することが7月29日に報じられた。ロサンゼルス高等裁判所に提出された訴訟では、ディズニーとマーベル・エンターテインメントが「ブラック・ウィドウ」の独占的な劇場公開を保証しており、ヨハンソンの報酬の一部は、ディズニープラス プレミア アクセスでの公開により低下した同作品の興行成績に基づいて支払われるとしている。

ディズニーの最初の対応は、この訴訟を「この訴訟には何のメリットもない。この訴訟は、COVID-19パンデミックの世界的な影響の恐ろしさと長期化を無視したもので、特に悲しく、心苦しいもの。ディズニーはヨハンソンさんの契約を完全に遵守しており、さらに、『ブラック・ウィドウ』のDisney+でのプレミア・アクセスでの公開により、彼女がこれまでに受け取った2,000万ドルに加えて追加報酬を得る能力が大幅に向上した。」と述べている。

全世界No.1映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のマーベル・スタジオ最新作
『ブラック・ウィドウ』最新予告!
孤独な暗殺者ブラック・ウィドウは、なぜアベンジャーズになったのか――?
ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。
姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。
唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。
だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!
ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

映画「ブラック・ウィドウ」は劇場公開及びディズニープラス プレミア アクセスにて公開中。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,500 (2022/09/25 06:46:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/09/25 02:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す