公式より

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の日本語吹き替え版のキャストが発表された。主人公シャン・チーを細谷佳正が、妹シャーリンを内田真礼が、父シュー・ウェンウーを山路和弘が、親友ケイティをニケライ ファラナーゼが担当する。

細谷は「シム・リウ氏演じるシャン・チーの表現は、日本のマーベルファンの皆様にとって実感を伴って響いて行く何かがあると感じました。真っ直ぐで情熱的なシム・リウ氏の表現を見て、勝手ではあるけれど、親しみを感じ、一部かもしれないけれど、共通理解の様なものを得られた気がします。ドラマティックな脚本と、派手な中にどこか清潔感を感じるアクションの演出は、年齢・性別を分けること無く、幅広い層の人々が楽しんで観劇できる作品になっていると思います。是非、吹き替え版でも観劇頂けたら嬉しく思います」と述べている。

内田は自身が演じるシャーリンについて「アクションシーンもたくさんあるのですが、彼女の凛とした佇まいや、強さはとてもかっこいいです!シャン・チー、心が沸き立つ映画となっています。」と述べている。

山路は「久々のトニー・レオン。とても楽しく、演じさせていただいた。マーベルの新しいヒーローの活躍をぜひお楽しみに。」と述べている。

ファラナーゼは本作について「過去や現在に様々な事情や葛藤があった上でたくさんの『愛』の形が描かれていると強く感じます。心揺さぶられっぱなしの人間ドラマをかっこいいアクションシーンや美しい映像と共に一人でも多くの方に楽しんで頂けましたらこれ以上の幸せはありません!」と述べている。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/19 01:34:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/19 06:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す