Comicbook.comより

ワーナー・ブラザース・テレビジョン・グループとの複数年にわたる独占契約の一環として、監督兼プロデューサーのデメイン・デイビスがDCドラマ「ナオミ」の共共同製作総指揮者を務めることが発表された。デイビスは「クイーン・シュガー」や「セルフメイドウーマン 〜マダム・C.J.ウォーカーの場合〜」などの作品を手がけており、今シーズンの複数のエピソードを監督し、シリーズの監督チームを統括する予定。

デイビスは声明の中で、「子供の頃、毎週土曜日にバッグスバニーを見ながらキャップンクランチを食べていた。いろいろなことを想像したが、当時、ワーナー・ブラザースのロゴに寄りかかっている彼を見て、こんなことは想像していなかったと思う。私をこのロケットに乗せてくれた(ナオミの共同製作者である)エイヴァ(デュヴァーネイ)には一生感謝している。『家』に帰って、彼女や私のアレイ・ファミリーと一緒に『ナオミ』を作ることができるのは贈り物だ。」と述べている。

DCのキャラクターをベースにした「ナオミ」は、脚本と製作総指揮をエイヴァ・デュヴァーネイとジル・ブランケンシップが、製作総指揮をARRAYフィルムワークスのサラ・パールマン・ブレムナーとポール・ガーンズが担当している。パイロットエピソードの監督および共同製作は、アマンダ・マルサリスが担当した。このシリーズはARRAYフィルムワークスがワーナー・ブラザース・テレビジョンと提携して制作するもの。

ドラマ「ナオミ」は2021年から2022年のシーズンに米放送予定。

created by Rinker
¥1,388 (2021/10/20 18:03:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,841 (2021/10/21 12:28:24時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す