Newsaramaより

マーベル・コミックはニューヨークに拠点を置き、2500人以上の医師が黒人、ラテン系、アジア系コミュニティのメンバーにクリティカルケアを提供しているSOMOS Community Careと提携し、新型コロナウイルスワクチンの認知度を高め、読者にワクチン接種を勧めることを目的とした特別なコミックブックを制作した。

特別号のタイトルは「アベンジャーズ:ウィー・アー・リズィリアント」となり、新型コロナウイルスワクチンの認知度を高め、ワクチン接種を促すことを目的としたイベントで、ポスターなどと一緒に配布される。これらのイベントは、今年の9月15日から10月15日までの「ヒスパニック文化遺産月間」期間中、ニューヨーク市を中心に開催される。

マーベル・エンターテイメントの社長であるダン・バックリーは、「マーベルはこれまで私たちを楽しませ、鼓舞し、私たちを取り巻く世界を反映する物語を伝えてきた。多くのコミュニティが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響に悩まされている中、ニューヨークでワクチンに対する意識と信頼を高める手助けをすることは、私たちにとって重要なことだった。私たちは、この新しいコミックブックとキャンペーンでSOMOS Community Careと協力し、この困難な時期にコミュニティを教育し、励まし続けることができることに興奮している。」と述べている。

マーベルは特定の問題に対する社会的認識を高めるために、特別版のコミックブックを発行してきた歴史がある。80年代、90年代には、多くの出版社が、象徴的なキャラクターを使って、薬物使用の危険性や、子供の頃にありがちな危険についてのストーリーを作り、読者を啓発してきた。

SOMOS USの共同設立者であり、ファニー・オア・ダイのオーナーでもあるヘンリー・R・ムニョス3世は、「この回復への道は、今回のパンデミックで最も大きな打撃を受け、不公平と誤った情報キャンペーンによってワクチンの普及から取り残された有色人種の移民コミュニティを通っている。マーベル・エンターテインメントとSOMOS Community Careの医師たちからの信頼ある声を、意識向上のための一般向け教育キャンペーンで結びつけることができるのは、本当に大きなこと。このキャンペーンは、アートが目的に合致することを象徴しており、全国の人々が一緒になってコミュニティを築き、共に未来を見据えることができることを示している。」と述べている。

マーベルとSOMOSは、スペシャルコミックとポスターに加えて、アベンジャーズが医療従事者と協力して、ニューヨークに住むヒスパニック系の家族にワクチンを届ける様子を描いた「ビデオコミック」を制作する。

SOMOS Community Careの会長兼創設者であるラモン・タラジ医師は「今回のパンデミックでは、スーパーヒーローはコミックの中だけの存在ではなく、白衣と聴診器を身につけて、2年近く続いているパンデミックの中で、地域社会の安全と健康を守るために必要な注射を打つ人たちがいることが明らかになった。私たちの医師が何世代にもわたって治療してきた家族から信頼されているのと同じように、マーベルはアメリカの家庭や文化に根付いており、文化的なアイコンや世代を超えたヒーローを通じてコミュニティを提供している。私の友人でありパートナーであるヘンリー・ムニョスが、コミュニティの健康のためにチームSOMOSとアベンジャーズを結束させてくれたことにとても感謝している」と述べている。

created by Rinker
¥3,520 (2021/10/27 02:26:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,115 (2021/10/26 08:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す