CBRより

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」に出演しているレティーシャ・ライトが、映画の撮影中に怪我をして一時的に入院したという。

マーベルの広報担当者がDeadlineに対し、「レティーシャ・ライトは今日、『ブラックパンサー』のスタントを撮影中に軽傷を負った。彼女は現在、地元の病院で治療を受けており、すぐに退院できる見込み。」と報告した。現在は既に退院済みとなる。

この負傷はマサチューセッツ工科大学で行われているシーンを撮影しているボストンで起こったと報じられている。ライトの怪我は軽傷で、スタント用のリグが関係しているが、これによる撮影スケジュールへの影響はないと言われている。

「ワカンダ・フォーエバー」はレティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセット、マーティン・フリーマンが復帰し、ライアン・クーグラーによって監督される。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は2022年7月8日より米公開予定。

created by Rinker
¥199 (2021/09/19 07:37:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,474 (2021/09/19 16:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す