Comicbook.comより

HBO Maxでバットガールの映画が公開されるが、この映画の脚本の写真が監督のアディル・エル・アルビによって共有された。

アルビ監督は、脚本家のクリスティーナ・ホドソンが執筆したバットガールの脚本の写真を自身のInstagram Storiesに投稿した。これは、コミック映画の監督、特にDCコミック映画フランチャイズでは伝統となっている。少なくともこのバットガールのプロジェクトが前進していることをファンに知らせるための手段となる。バットガールの映画プロジェクトは、これまで何度も開発途中で頓挫してきたが、今回は、列車が実際に駅を出発するようだ。

プロデューサーのクリスティン・バーは映画製作の発表時に、「バットガールでは、観客の皆さんを楽しい旅にお連れして、ゴッサムの異なる側面を見ていただきたいと思っている。クリスティーナの脚本は魂がこもっている。アディルとビラルは、ワクワクするような楽しいエネルギーを持っており、それが伝染して、このバットプロジェクトに最適なフィルムメーカーとなった。そして私は、DCユニバースの一員になれることに興奮している。これはとてもクールなことだ。」と述べていた。

映画「バットガール」のリリース日は未発表。

created by Rinker
¥364 (2021/09/19 02:17:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,687 (2021/09/19 11:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す