Comicbook.comより

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の監督であるデスティン・ダニエル・クレットンは、1973年から登場した「シャン・チー」のコミックから何を引用したかを明らかにし、 それはほとんどがテーマ的な要素であり、筋書きではないと いう。

クレットンはComicBook.comとのインタビューで「父と息子の非常に複雑な関係というテーマを、コミックから直接引き出したのは確か。そして、それを自分たちの経験と重ね合わせたかった。ハワイでアジア系アメリカ人として育ち、ベイエリアで中国系アメリカ人として育ったデイヴ・カラーハンと・・・私たちはただ、シャンチーが私たちの友人、私たちの家族のようなキャラクターに囲まれているように感じられ、私たちが完全に共感できるような旅に出るのを見守りたいと思っていた。それが、この映画のクリエイティブな希望の核心だった。」と述べている。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/28 04:15:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/28 08:01:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す