CBRより

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の脚本・監督を務めたデスティン・ダニエル・クレットンによると、トレーラーでも明かされた映画のファイトクラブのシーンで、ウォンとアボミネーションを組ませるという選択は、ランダムな決定ではなかったという。

クレットンはThe Hollywood Reporterとのインタビューで、「私たちがどのようにしてアイデアを得るか、そのアイデアがどこから始まったのかを辿るのはとても難しいこと。アボミネーションは20から30の仮の結果に過ぎなかった。そして、とてもいい感じの組み合わせにたどり着いたのだが、それは同時に、この映画の制作時期に『マーベル・シネマティック・ユニバース』で起こっていることにも意味がある組み合わせでもあった。そのため、MCUで起きている他のすべての出来事に関わっている人であれば、気づくような明確なリンクが起きている。」と説明した。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/19 01:34:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/19 06:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す