Comicbook.comより

マーベル・スタジオの映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」が劇場公開され、シム・リウは記録的なオープニングウィークエンドを迎えた本作について、他のMCUスターたちからの反応について語った。

リウはComicBook.comのポッドキャスト「Phase Zero」に、「シャン・チー」の監督であるデスティン・ダニエル・クレットンとともに出演し、「ある種の騎士の称号のように感じている。トム・ホランドが連絡をくれて、とても熱心なボイスメモを送ってくれた。それはかけがえのないもの。ブリー(ラーソン)も連絡をくれた。(トム・ヒドルストンは)大量のお祝いのメールをくれた。トムと私はコミコンで少し話したことがあった。彼から連絡をもらったときは、まさに一周回った感じだった。つまり、人々が見守ってくれていることを実感し、この瞬間に、私たちと一緒に祝ってくれたことは、かけがえのないもの。」と述べている。

リウは以前にヒドルストンから受けたアドバイスについて語り、「コミコンで発表された日に、トム・ヒドルストンと素晴らしい会話をしたんだ。そして彼は、とても素晴らしかった。彼は、とても優しい人だった。あなたの頭の中を整理してくれるような人。彼は、『楽しまなければならない。他のすべてのことと一緒に、良いことも受け入れなければならない。休暇でどこかの島に行ったとしても、人々が君の出身地を知ることになるという事実を受け入れるんだ。なぜなら、それだけマーベル映画が広範囲に渡って浸透しているから。』と。それはとても美しいことだが、異なるライフスタイルがあり、それに慣れなければならない。しかし、皆がとても素晴らしい方ばかりなので、とても興奮している。これまでのところ、とても歓迎されている。美しい家族の一員になったような気分だ。」と述べていた。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/28 04:15:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/28 08:01:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す