Comicbook.comより

※注意:以下、映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のネタバレを含みます。

マーベル・スタジオの映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のミッドクレジットシーンでは、シャン・チーとケイティがウォンに招き入れられた先の内容を明らかにしており、そこでブルース・バナーとキャプテン・マーベルのホログラムと対面した。監督のデスティン・ダニエル・クレットンは、主演のシム・リウとオークワフィナには撮影当日までそのシーンの内容を知らせなかったという。

クレットンはETとのインタビューで、人気の高いポストクレジットシーンについて、2人には事前に知らせなかったのかを尋ねられ、「そう、彼らはそうだった。撮影時にはね。彼らは、そのシーンを撮影する日まで知らなかったと思う。でも、そうだね。シムが両脇を抱えてセットに入ってきて、私を見ながら言ったのを覚えている。しかし、MCUと撮影現場では、感情的に結びついた2つのことが起こっている。確立されたスーパーヒーローのグループに、これらのキャラクターが導入されている。しかし、現実の世界では、この俳優たちを確立された俳優たちのコミュニティに引き入れることができる。その両方を実現するために、これ以上ないほど完璧な役者たちを選んだ。マーク・ラファロやブリー・ラーソン、ベネディクト・ウォンのような俳優が、オークワフィナとシムを迎えるためにそこにいることは非常に特別な瞬間だった。」と述べている。

マーベル・スタジオの新時代の幕開けを担う、新たなヒーローが誕生。悪に染まった父から授かった最強の力を封印し、二度と戦わないと誓った男、シャン・チー。父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、シャン・チーは自らの力を解放し、宿命の敵となった父に立ち向かえるのか?自らの運命に葛藤しながらも過去と向き合い、運命を受け入れ、“本当の強さ”に目覚めていくシャン・チーを描いたドラマチック・アクション・エンターテイメント。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン。

created by Rinker
¥2,530 (2021/09/19 01:34:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/19 06:45:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す