Comicbook.comより

HBO Maxで配信予定の映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のスピンオフシリーズであるドラマ「ピースメイカー」が制作されており、監督のジェームズ・ガンはスピンオフ作品としてブラッドスポートではなくピースメイカーを選んだ理由を説明した。

水曜日に開催されたテレビ批評家協会のプレスツアーで行われたピースメーカーのパネルで、ガンは映画「ザ・スーサイド・スクワッド」の登場人物の多くは映画の終わりにはより良い人間になっているが、ピースメイカーはまだ長い道のりを歩んでいると説明した。

ガンは「『ザ・スーサイド・スクワッド』の最後で、ブラッドスポートは多くのことを学んだ。彼は最初の頃よりも良い人間になっている。多くのキャラクターが最初の頃よりもずっと良くなっているが、ピースメイカーも学ぶことがたくさんある。その学ぶべき能力が、私にとっては彼を少しだけ好感の持てる人物にしている。彼の盲点は、いくつかの場所ではかなりひどいもので、いくつかの場所では彼が無知であるということ。これは重要な違いだと思う。彼は同時に開放的でもある。」と述べている。

ようこそ、地獄へ――世界を救えるのは、全員ヤバすぎる“悪党”だけ!
世界中の誰もが知る「バットマン」や「ジョーカー」といったキャラクターを生み出したDCコミックス。そんな作品を創り出す彼らが「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督を迎えて贈る最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』。何をしでかすかわからない、クセの強すぎる全員ヤバい寄せ集団=“極”悪党の“スーサイド・スクワッド”に世界は託された!?彼らの首の後ろには爆弾が埋め込まれ、もし裏切ったり、何かをしでかせば容赦なく吹っ飛ばされてしまうという状況下、超デンジャラスなデス・ミッションに挑む!すべてノリで行動する“極”悪党の彼らにしか解決することができないミッションとは?彼らを待ち受ける運命とは!?

映画「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」は日本公開中。監督:ジェームズ・ガン、出演:デヴィッド・ダストマルチャン、ジョン・シナ、ジェイ・コートニー、ホアキン・コシオ、ネイサン・フィリオン、ヨエル・キナマン、メイリン・ウン、フルーラ・ボーグ、ショーン・ガン、ファン・ディエゴ・ボト、ストーム・レイド、ピート・ダビッドソン、タイカ・ワイティティ、アリシー・ブラガ、スティーヴ・エジー、ティナシー・カジャージ、ダニエラ・メルヒオール、ピーター・カパルディ、ジュリオ・ルイス、ジェニファー・ホランド、ヴィオラ・デイヴィス、イドリス・エルバ、マーゴット・ロビー、マイケル・ルーカー、シルベスター・スタローン、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2021/10/18 16:11:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2021/10/17 20:58:45時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す