CBRより

ドラマ「デアデビル」の主演チャーリー・コックスは、シーズン2で絶賛された屋上のシーンで、煙突に鎖でつながれて一晩中過ごす必要があった理由を説明した。

コックスはフォーブスの取材において、Netflixシリーズ「デアデビル」について語った。ファンはコックスがキャラクターとして戻ってくることを熱望しているが、彼は長い間マット・マードックを演じることができたことに満足している。もちろん、撮影は楽しいことばかりではなかった。

コックスは「屋上での激しいシーンもあった。夏だったので、暗闇の時間が8時間しかなく、8時間で14ページ分の撮影をした日が何日かあったのを覚えている。ある夜、私は煙突に鎖で繋がれていた。1分ごとに私を連れ出さなければならないとなると、時間のロスが大きすぎる。だから、食事休憩以外は一晩中、煙突につながれたまま座っていた。」と述べている。

問題となったシーンは、シーズン2でフランク・キャッスルがデアデビルを誘拐し、煙突に鎖でつないだもの。2人はエピソードの大半を哲学の交換に費やし、コックスはエピソードの長い監禁の間、実際に煙突に張り付いていなければならなかったようだ。しかし、コックスはその結果に満足しており、ジョン・バーンサルとの仕事を気に入っている。

コックスは「彼は素晴らしいよね。ジョンのような人がキャスティングされると、興奮すると同時に緊張して、自分の力を最大限に発揮しなければならないと思う。しかし、私の経験では、あのような優れた俳優は、他の俳優にとっても楽だ。なぜなら、自分自身を引き出すことになり、自意識を持たずに自発的に自由になるから。」と述べている。

コックスは、明らかにバーンサルの大ファンで、彼がパニッシャーとして戻ってくることを望んでおり、また、クリステン・リッターが再びジェシカ・ジョーンズを演じることも望んでいる。デアデビルとして復帰するかどうかについては、わからないし、言及したくないとのこと。しかし、ファンを魅了し、象徴的なヒーローを演じる機会を得られたことを喜んでいる。

コックスは「とにかく一生懸命やって、番組のあらゆる分野に入り込んで、キャラクター、スタントワーク、アクセント、弁護士であること、コミックの歴史など、読めるものはすべて読んだよ。プロデューサーが正しい人物を選んでくれたことを願いながら、ただひたすら夢中になった。私が演じた役がうまくいって、人々がこれほどまでに反応してくれたことに、とてつもない安堵感を覚えている。」と述べている。

ドラマ「デアデビル」はNetflixにて配信中。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥9,907 (2021/10/17 15:45:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥10,348 (2021/10/17 23:51:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す