Comicbook.comより

映画「キャプテン・マーベル」でマリア・ランボーを演じたラシャーナ・リンチは、ドラマ「ワンダヴィジョン」でサノスのスナップを生き延びたことが確認されたが、マリアが地球の人口の半分が消えた5年間の間に末期の病気で亡くなっていたことを確認した。リンチはシリーズ開始の1年以上前に自分のキャラクターの運命を知らされていたという。

リンチはComicBook.comとのインタビューについて、「最高に素敵な人ケヴィン・ファイギが、『ワンダヴィジョン』が放送される1年以上も前に、個人的に私にメールをくれて、何が起きているのか、どうやって起きるのか、いつ起きるのかを説明してくれた。そして彼は、私が他の誰かに知られることを望まないとはっきり言った。そのためには、多くの配慮が必要だった。」と述べている。

リンチは自分のキャラクターが亡くなったことを知って感情的になったのは当然だが、テヨナ・パリス演じるモニカ・ランボーがデビューしたこと、特に自分のキャラクターの娘が自分の力を獲得するのを目の当たりにしたことを慰めにしているという。リンチは「読んでいて悲しい気持ちになったが、マリアは『キャプテン・マーベル』に大きな影響を与え、誰もが彼女を愛し、彼女に共感していたと思うので、私がそこで行った仕事に満足したし、彼女の娘に彼女の遺産を引き継ぐことができたことにも満足した。これは素晴らしいこと。そして、『ワンダヴィジョン』で彼女の力を紹介することも素晴らしく、純粋に誇りに思っている。事前に知っていて、どこかでネットで知ったのではなくて良かった。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2021/10/20 22:23:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2021/10/21 07:42:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す