Newsaramaより

2022年1月の「X-MEN・レジェンズ」 #11はライターのルイーズ・サイモンソンとアーティストのウォルター・サイモンソンが担当すると発表された。過去に「X-FACTOR」や「ニュー・ミュータンツ」を担当していた2人が「X-MEN・レジェンズ」に参加し、アポカリプスが次のホースメンを探しており、X-MENの下級生であるニュー・ミュータンツを視野に入れている。

公式の概要によると「アポカリプスの次のホースメンを探すには、次世代のミュータントたちを探すのが一番だ。サンスポット、キャノンボール、ウルフスベイン、ダニ・ムーンスター、ブーン・ブーン、リクターなどの旧友と再会し、キャリバンはアポカリプスの残りのホースメンであるペスティレンスとウォーを率いて、彼らの仲間になる新しい血を探している。ニュー・ミュータンツとアポカリプスのかつてない関係を、1月26日に発売される『X-MEN・レジェンズ』の最新作で目撃せよ。」という。

また、X-MENの伝説的クリエイターにクリス・クレアモントが、彼が創設した英国のX-MENチーム「エクスカリバー」に「新たな光を当てる」ストーリーを2月の「X-MEN・レジェンズ」#12で描くことも発表されている。

「X-MEN・レジェンズ」 #11は 2022年1月26日より発売予定。

created by Rinker
¥2,261 (2021/10/26 20:27:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥15,580 (2021/10/26 21:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す