公式より

マーベルが2022年1月の「アメイジング・スパイダーマン」シリーズの詳細を発表した。先週より開始された「スパイダーマン・ビヨンド」時代が続き、ベン・ライリーがビヨンド・コーポレーションの下でスパイダーマンとして活動し、1月にはドクター・オクトパスと破壊的な対決を行うという。

ライターのコーディー・ジグラーとアーティストのパコ・メディナによる「アメイジング・スパイダーマン」#85では、オットー・オクタヴィウスを阻止するためには、ベン・ライリーと彼を支援する会社のすべてが必要になる。しかし、スパイダーマンが勝っても、彼は負けることになり、大きな損失を被ることになるという。

ライターのゼブ・ウェルズとアーティストのマイケル・ダウリングによる「アメイジング・スパイダーマン」#86は、この戦いの余波を扱い、ベン・ライリーは芯から揺さぶられており、ファンが何年も記憶に残るコミックとなるだろうという。

ライターのジェド・マッケイとアーティストのカルロス・ゴメスが描く「アメイジング・スパイダーマン」#87では、ドック・オクの攻撃を受けたニューヨークでは、ベン・ライリーがダウンしている可能性があり、ピーター・パーカーが再び行動を起こせるかどうかは、キャプテン・アメリカとブラックキャットにかかっているという。

「アメイジング・スパイダーマン」#85は1月5日、「アメイジング・スパイダーマン」#86は1月12日、「アメイジング・スパイダーマン」#87は1月26日より発売予定。

created by Rinker
¥2,498 (2021/10/20 15:03:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,304 (2021/10/21 00:25:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す