CBRより

DCファンドームにてスーパーマンの新しいミッションステートメント「真実、正義、そしてより良い明日(Truth, Justice and A Better Tomorrow.)」と変更することを発表した。元は「真実、正義、そしてアメリカン・ウェイ(Truth, justice, and the American way.)」であったが、現代にそくしたより包括的な表現へと刷新した。

スーパーマンの活躍の中には、鋼鉄の男の「真実、正義、アメリカン・ウェイのための終わりなき戦い」について言及しているものも多い。しかし、ミッションステートメントに「 アメリカン・ウェイ」が加えられたのは、第二次世界大戦中の1942年のことで、その後、1952年から1958年まで放送されたテレビアニメシリーズ「アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン」で再び使用されるまで、「アメリカン・ウェイ」は一時的に削除された。

過去10年間、スーパーマンと彼のモットーの「アメリカン・ウェイ」の部分との関係は確かに険悪で、2011年、DCは「アクション・コミックス」#900のバックストーリーで、スーパーマンがアメリカ市民権を放棄する計画を明らかにし波紋を呼んだ。さらに最近では「バットマン/スーパーマン」#16で、鋼鉄の男が「真実、寛大、そして正義」というフレーズを使用していた。

created by Rinker
¥3,110 (2021/12/07 03:27:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,806 (2021/12/07 14:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す