CBRより

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」のプロデューサーであるネイト・ムーアによると、撮影は順調に進んでいるという。

マーベル・スタジオの映画「エターナルズ」のプレミアで、ムーアは「アトランタで撮影しているが、とてもうまくいっている。ライアン・クーグラーが戻ってきて、彼は素晴らしく、スタッフも戻ってきた。私たちには大きな責任があることはわかっているが、私たちは、願わくば、人々が反応し、楽しんでくれて、一緒に過ごすことでカタルシスを得られるような映画を作りたい。難しい注文だが、挑戦したいと思う。」と述べている。

続いてムーアは、「ワカンダ・フォーエバー」のキャストが故チャドウィック・ボーズマンに敬意を表しているか、またどのように敬意を表しているかを聞かれ、「そうだね、それぞれの方法で、個人的でプライベートな方法で。しかし、実際のところ、最大の名誉は、ワカンダの物語を維持すること。チャドは私たちの誰よりも早く、それが人々にとってどれほど重要なものかを知っていたと思う。だから、子供たちがあの世界を見つけ、あの世界で自分自身を見つけられるように、その精神を維持することが私たちの仕事だ。」と述べている。

「ワカンダ・フォーエバー」はレティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセット、マーティン・フリーマンが復帰し、ライアン・クーグラーによって監督される。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は2022年11月11日より米公開予定。

created by Rinker
¥300 (2021/12/07 08:27:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 22:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す