CBRより

CWのドラマ「バットウーマン」で主演を務めたルビー・ローズが、1シーズンで退場したが、シリーズの撮影で直面した恐ろしい労働環境について明かした。

ローズはInstagramにて、「もういいだろう」とショーランナーのキャロライン・ドリスとバーランティ・プロダクションズのグレッグ・バーランティ、サラ・シェクターに呼びかけた。「あのセットで本当に起こったことを全世界に伝えようと思う。(元ワーナー・ブラザース・テレビジョン・グループ会長の)ピーター・ロス、あなたが最初の登場。あなたが最高の地位に昇進した後、パンツを履いたまま若い女性に股間を蒸させるのを止められずに辞めたのか、それとも私に私立探偵を置いて、報告書があなたのシナリオに合わないとすぐに解雇した後に辞めたのかは分からないが、どちらにしても、あなたに関してはすでに軍隊を待っている。」

さらにローズは、「バットウーマン」の撮影中に負った首の怪我について、医師の診察を受けた際の映像を紹介した。彼女は肋骨の大怪我と腫瘍を指摘し、首の手術の映像を共有して、「『バットウーマン』で私が硬すぎたと言った皆、この10日後に仕事に戻ることを想像してみて・・・10日!!!!!!(さもなければ、スタッフとキャスト全員が解雇され、私は皆を失望させることになるだろう。ピーター・ロスは再キャストしないと言っていたし、私は(彼のセットで怪我をしたことで)スタジオに何百万もの損失を与えたのだから、多くの人々の仕事を奪ったのは私。」と述べている。

次にローズはコミックコン・インターナショナルに参加しないことを発表するために届けたメッセージの動画を公開した。ローズはワーナー・ブラザースから、欠席を知らせるビデオの撮影を強要され、そのビデオの中で首の傷跡を全力で隠すように言われていたことを明かした。ローズによると、ワーナー・ブラザースは彼女の欠席を黙認し、その条件を受け入れなければ、ファンがコミコンに現れてがっかりすることになると脅していたという。

ローズは番組のシーズン中に自分やスタッフが直面した重傷やそれに近い事例についても詳しく述べている。「だから最後に、私の親愛なるファンの皆、私があのひどい番組に戻るかどうかを聞くのはやめて欲しい。どんなにお金があっても、頭に銃を突きつけられても、私は戻らない・・・辞めたわけではない。私は辞めない。彼らはケイト・ケインを破滅させ、バットウーマンを破壊したが、私ではない。私は命令に従っただけで、もしここに残りたければ、自分の権利を放棄することにサインしなければならなかった。どんなに脅しても、いじめても、脅迫しても、私は辞めない。スタッフの1人は全身に第3度の火傷を負い、顔から皮膚が剥がれ落ちるのを目撃した後、私たちは何の治療も受けられなかったが、私だけは彼に花やカードを送った。その上、1分もオットプロセスを経ずにセックスシーンをやらなければならないと言われた。スタントダブルを2人失い、私はスタントで目の近くを切られて失明したかもしれない。ある女性は四肢麻痺になってしまったが、彼らは彼女が携帯電話を使っていたことを原因にしようとした。そもそもCWは『調査』が必要だと言って彼女を助けてくれなかったため、彼女はGoFundMe(クラウドファンディングサービス)をしなければならなかった。彼女はPAで、電話を使って仕事をしている。彼女の事故は、他の番組が新型コロナウイルスのために停止したときに、私たちの番組が停止することを拒否したために起こった。」

「キャロライン・ドリスは心がないので、パンデミックの間もシーズンを終えようとしたが、私はそれは良くないと言った。私は彼女に、みんながあまりにも気を取られすぎていて、常に新型コロナウイルスのアップデートをチェックしたり、友人をチェックしたりしているし、『リバーデイル』や『フラッシュ』、『スーパーガール』がすでにシャットダウンしているのを見て、何か悪いことが起こると感じた。キャロライン・ドリスは1年に4回セットを訪れたが、前代未聞。しかし、その4~5回の訪問の中で、彼女は私の怪我がセット上で起こったことを知っているからPIに従うべきだと言っておきながら、後でそれを完全に否定し、ヨガの最中に起こったと言った。私はヨガをしない。」

「そして、もう二度と歩けない人が出てしまった。次の日には営業停止になった・・・彼女が人を殺しそうになったからではなく、政府がそれを中止したから。また、私は撮影現場で人と戦ったことがある。ヘアメイクの人に、私が彼らのために何をしたか聞いてみて。2人が入院した後、表に出てきて話をしたのはダグレイだけだった・・・プロ意識に欠けていると言っていた。私が退場した後、エージェントに電話して退場の仕方を聞いたところ、彼女は『首を折ってでも退場して』と答えたのに、報道では私を非難した。私は声を荒げたことなど一度もない。ダグレイは女性のスタントダブルを傷つけたり、女性に向かってビッチのように怒鳴ったり、悪夢のようだった。彼は好きな時に出て行き、好きな時に帰ってきて、女性を虐待していた。その結果、番組の主役として、怒鳴らない方針を求めるメールを送ったが、彼らは拒否した。私は一度、入院していたために遅刻した。このような愚かなリークをしたのは誰か私は探しているが、退院した後に『そうだな、みんなが遅刻しなければ毎日が充実するかもしれないな』とキャムラスは言った。週に1日しか働いていないエゴイストの子供が、そんな大胆なことを言った。また、スタント部門の人たちは、私が彼らを責めることはなかったにもかかわらず、激怒していた。しかし、私はファロンに出て、怪我のことを話し、ゲームをしなかった。彼らのことはさておき、私はスタッフに愛されていたし、愛していた。ああ、それに彼らは私を仕事場まで送ってくれないし、私が手術後に法的に運転できないことを知っていたから、『タクシーを使え』と言ってくれた。」

created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥2,860 (2021/12/07 03:15:00時点 Amazon調べ-詳細)

One thought on “ルビー・ローズがドラマ『バットウーマン』を去った詳細な理由を明かす ― 恐ろしい労働環境があったという”

コメントを残す