CBRより

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のジョン・ワッツ監督によると、映画はトム・ホランド演じるスパイダーマンバージョンの「アベンジャーズ/エンドゲーム」相当のものになるという。

今号のエンパイアでは、制作に携わった人たちのインタビューも掲載され、映画の範囲と規模を誇示している。ワッツは「我々は間違いなく野心的であろうとしている」と語り、本作を「スパイダーマン:エンドゲーム」と呼んだ。「アベンジャーズ/エンドゲーム」は2019年に第22作目として公開され、それまでのMCUのすべての集大成となった。地球最強のヒーローたちと狂気の巨人サノスとの巨大な戦いを描いたこの作品は、マーベルが作った最大のプロジェクトと言っても過言ではなく、27億ドルを超える興行収入を記録し、「アバター」がタイトルを奪還するまで、史上最高の興行収入のタイトルを獲得した。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年12月17日に米公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/12/06 10:56:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/12/06 14:09:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す