CBRより

ジョナサン・メジャースが映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の撮影について語り、彼の経験やキャラクターが以前のドラマ「ロキ」の仕事とどのように違うのかを明らかにした。

メジャースは新作映画「ザ・ハーダー・ゼイ・フォール: 報復の荒野」のプロモーション中にGamesRadar+とのインタビューで、「ロキの撮影現場では、かなり自由な気分だった。キャラクターが違うから、動き方も違う。キャラクターのせいで、私の心理も変化した。彼はただの別人。在り続ける者はアントマンにはいない。それはカーンだ。しかし、私たちを取り巻く人々、つまりキャストや主役のポール・ラッドは違う。ポールはトム(ヒドルストン)ではないからね。これは映画であって、テレビ番組ではない。最初からいて、最後にロキで登場した。」と述べている。

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」はポール・ラッド演じるアントマン、エヴァンジェリン・リリー演じるワスプ、マイケル・ダグラス演じるハンク・ピム、ミシェル・ファイファー演じるジャネット・ヴァン・ダインが再登場し、キャシー・ラングとしてキャサリン・ニュートンが、征服者カーンとしてジョナサン・メジャースがキャスティングされている。

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」は2023年2月17日より米公開予定。

created by Rinker
¥2,500 (2022/09/25 01:26:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/09/25 02:53:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す