Newsaramaより

マーベルは「ゴーストライダー」50周年を記念した新たなオンゴーイングシリーズ「ゴーストライダー」を発表した。シリーズはライターのベンジャミン・パーシーとアーティストのコーリー・スミスによって描かれ、ジョニー・ブレイズに焦点を当て、ゴーストライダーの不気味なルーツに寄り添いながら、新しいアイデアやコンセプトでキャラクターの神話を追加していくという。

公式の概要によると「ジョニー・ブレイズは、妻と2人の子供、自動車修理工場での仕事、彼をサポートする小さな町のコミュニティなど、完璧な生活を送っている・・・。しかし、ジョニーは調子が悪い。眠るとモンスターの悪夢にうなされる。そして、起きているときには血まみれのビジョンを見ている。この生活が刑務所のように思えてきた。そして、彼の中には脱獄したいと願う魂があるのだ。」という。

パーシーは「私はホラーが大好き。私はスティーブン・キングを読み、ジョン・カーペンターを見て、ブラック・サバスを聴いて育った。コミックに関しては、いつも暗くて奇妙なものに手を伸ばし、つまりゴーストライダーを大量に読んだ。あの燃えるようなドクロ。トゲのある革ジャン。硫黄を含んだ排気ガスを吐き出す巨大なバイク。今でもこのキャラクターが真夜中のハイウェイを疾走する姿を見ると、私の心臓は4ストロークエンジンのように回転する。ゴーストライダーは、コミックの中で最もデザインが良く、最もヘビーメタルなキャラクターであることは間違いない。人生のどの時期にこのシリーズを書いてもいいと思うが、50周年に発売するのは特に神聖なことだと思う。コーリー・スミスがアートを担当し、過去に敬意を表しつつ、ミステリー、アクション、影にまみれた感情を詰め込んだ恐ろしい未来に向けてゴムを燃やしていくつもりだ。究極のロードホラーをお楽しみに。」と述べている。

スミスは「ゴーストライダーの50周年に向けて、ベン・パーシーと一緒にショットガンに乗ることができて、非常に興奮している。コミックオタクであり、ホラーオタクでもある私にとって、ゴーストライダーは常にお気に入りの作品であり、このプロジェクトは夢のようなもの。ジョニー・ブレイズ、復讐の精霊が帰ってきた。私たちはすべてのシリンダーに火をつけていて、私たちがもたらす地獄の炎をみんなに見てもらうのが待ちきれない!クレイジーになるぞ!」と述べている。

「ゴーストライダー」#1は2022年2月より発売予定。

created by Rinker
¥1,537 (2022/12/10 02:35:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,288 (2022/12/09 12:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す