CBRより

DCはブラックレーベルの新たなシリーズ「スーサイド・スクワッド:ブレイズ」を発表した。全3号のシリーズはライターのサイモン・スプリエとアーティストのアーロン・キャンベルによって描かれ、 タスクフォースXの活躍にホラーテイストが加わり、チームはハーレイ・クイン、キャプテン・ブーメラン、ピースメイカー、キング・シャークといった主力メンバーに加えて、「BLAZE(ブレイズ)」と呼ばれる秘密の方法で超能力を与えられた5人の使い捨て新人メンバーで構成される。

公式の概要によると「襲撃は何の前触れもなく始まる。残忍に、突然に・・・共食いをする。スーパーマンの力を持ちながら、人間性を持たない超人。飢えと本能に支配された止められない存在が、世界各地で無差別に襲いかかる。この脅威を阻止するため、ハーレイ・クイン、ピースメイカー、キャプテン・ブーメラン、キング・シャークは、5人の致命的な新人を捕らえ、世話をし、必要に応じて処刑することになった。彼らは普通の囚人だが、信じられないほどの力を与えられている・・・それが山火事のように燃え尽きることを確信している。彼らの寿命は最大で6ヶ月だ。あなたがマイケル・ヴァン・ザントのように、ボニー&クライド事件の後、自分を見捨てた狂った恋人と再会しようと必死になっているなら、なおさらだ。しかし、その力は?驚くべきことに、その力は転移する。隊員が死ねば他の隊員も強くなる。熟練した犯罪者がその知識で何をするか?さらに悪いことに、愛に飢えたバカがその知識で何をするか?ひとつ確かなことは、今回のスーサイド・スクワッドは噛み砕くよりも多く噛んでしまったということだ。勝つにしろ負けるにしろ、彼らはすべて燃える。好評を博した『ジョン・コンスタンティン』のクリエイティブチーム、サイモン・スプリエとアーロン・キャンベル。この作品は、DCタイトルの中でも最も恐ろしく、腹黒い作品だ。覚悟して。」という。

スプリエは、「スクワッドは、自分たちの首をかけているというよりも、全くの消耗品である新キャラクターのグループを指導する役割を担っている。さらに、このスーパーパワーは6ヶ月後には失効してしまうとのことで、この本のフックは、そのような過激で一時的な変身をするために、どのような人々が契約したのかということにある。死ぬことを承知で誰かに超能力を与えることができるとしたら、どんな人が志願するだろうか。生き甲斐がないからやる人もいるだろうし、栄光のためにやりたい人もいるだろう。これが『スーサイド・スクワッド』と呼ばれていることに、大きな謎はない。そのためのブレイズだ。」と述べている

「スーサイド・スクワッド:ブレイズ」 #1は2月8日より発売予定。

created by Rinker
¥3,520 (2023/02/05 22:37:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小学館集英社プロダクション
¥3,630 (2023/02/05 02:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す