CBRより

先に発表されたマーベル・スタジオの映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」の撮影がレティーシャ・ライトの怪我によって一時中断されているが、新たな詳細が明らかにされた。

マーベル・シネマティック・ユニバースでシュリを演じるライトは、8月に軽微な怪我をして入院していたが、Deadlineによると、ライトは実際に肩の骨折と脳震盪を起こしたとのこと。「ブラックパンサー2」の撮影で負傷したライトは、9月からロンドンで療養しており、撮影が間もなく休止に入ると発表された際には2022年初頭に仕事に復帰することを楽しみにしていると代理人を通じて述べていた。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ、ルイス・デスポジート、ネイト・ムーアは、制作スタッフに送られた新しいメモの中で、「パンデミックの中でこの規模の作品を運営するのは簡単なことではないが、皆さんは最後まで勤勉でプロフェッショナルな姿勢を貫いてくれた。さらに、皆さんもご存知の通り、8月にはレティーシャがスタント中に撮影現場で恐ろしい事故に遭った。この事故は、私たちの仕事において常に安全であることの重要性を再認識させるものであり、皆さんが理解し、コミットしていることは承知している。当初、軽傷だと思っていたレティーシャは、肩の致命的な骨折と、深刻な副作用を伴う脳震盪を起こし、はるかに深刻な事態となった。痛みを伴うが、レティーシャは自宅で医師や家族のサポートを受けながら回復に努めている。彼女が回復するのに必要な時間を持てるよう、制作スケジュールを調整したが、シュリなしでできることは限られている!私たちは、レティーシャがこの役をどれほど愛しているか、離れていることがどれほど辛いことか、そして安全にできる限り早く回復するためにどれほど努力しているかを知っている。私たちは彼女の復帰を心待ちにしているし、私たち全員がより強くなって戻ってくることを信じている。」と述べている。

2022年1月にはライトが撮影現場にいる状態で制作を再開する予定だが、最近の報道によると、これは更に難しいかもしれない。ライトは米国市民ではないだけでなく、新型コロナウイルスの予防接種を受けておらず、CDCは11月に米国へ渡航する非移民の非市民には完全な予防接種を義務付ける新ルールを実施したため、ロンドンで療養中の彼女が、年明けにジョージア州アトランタへ飛ぶことができるかどうかは不明となる。

「ワカンダ・フォーエバー」はレティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセット、マーティン・フリーマンが復帰し、ライアン・クーグラーによって監督される。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は2022年11月11日より米公開予定。

created by Rinker
¥509 (2024/04/19 20:18:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2024/04/20 15:40:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す