Comicbook.comより

※注意:以下、映画「エターナルズ」のネタバレを含みます。

マーベル・シネマティック・ユニバースに登場してきたセレスティアルズは、様々な大きさや形で登場している。映画「エターナルズ」でも重要な役割を果たすセレスティアルズだが、今回はかなり大型に描かれていることは知られている。映画のVFXスーパーバイザーのマット・エイトケンによると、「地球のコアから生まれたセレスティアルであるティアマットは、頭から足までの高さがなんと300マイル(約500km)もあるという。

エイトケンはあまりの巨大さに、彼のチームはどうすれば映像化できるかを長い間考えたという。エイトケンは「そして、その巨大さに気付いた。手から頭までは100kmもある。頭から足先までは500km、約300マイルはあると思うから、かなり大きい。その大きさを忠実に再現しようとすると、霞がかかって見えなかったかもしれない。海から出てくるときには、水しぶきがとんでもないことになっていただろう。彼が巨大であることを説明するために、スケールに関する言葉を見つけなければならなかったが、彼は必要なシーンで視覚的に活躍することができた。彼は実際に、比喩的に、あるシーケンスのニーズに応じてスケールを変えているのだと思う。」と述べている。

アベンジャーズに続く、新たな最強ヒーローチームが遂に始動。それは太古から地球に存在する不死の種族“エターナルズ”の物語――。10年ぶりのアクション映画に出演するアンジェリーナ・ジョリーに加え、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)などのマ・ドンソクら豪華キャストが集結。メガホンを取るのは、『ノマドランド』(20)でアジア系女性として初めて本年度ゴールデン・グローブ監督賞を受賞し、本年度のアカデミー賞®にもノミネートされるなど今注目の映画監督クロエ・ジャオ。
精鋭といえるキャスト・スタッフが手掛ける新たな最強ヒーローチーム“エターナルズ”から目が離せない!

映画「エターナルズ」は2021年11月5日より公開中。監督:クロエ・ジャオ、出演:リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、ローレン・ライドロフ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、サルマ・ハエック、リア・マクヒュー、マ・ドンソク、キット・ハリントン、ジェンマ・チャン、バリー・コーガン、アンジェリーナ・ジョリーほか、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥3,740 (2021/12/08 19:10:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥4,748 (2021/12/08 03:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す