CBRより

ジョン・クラシンスキーが、ワーナー・ブラザースのアニメ映画「DC・リーグ・オブ・スーパーペッツ」で「スーパーマン」の声を担当することになった。

クラシンスキーは、クリプトとスーパーマンが並んで飛んでいる写真を添えて、「ザ・ロックとバディ・ムービーをやりたいとずっと思っていた。これこそが、私たちが演じるために生まれてきた役!」とツイートしています。(参考までに・・・DJは舌を出している方だよ)」と述べている。

クラシンスキーは、ケイト・マッキノン、ジョン・クラシンスキー、ヴァネッサ・ベイヤー、ナターシャ・リオン、ディエゴ・ルナ、キアヌ・リーブスと共に、6月に謎の役割としてキャスティングされていることが発表された。彼らは、すでに発表されていたドウェイン・ジョンソンのクリプト、エース・ザ・バットハウンド役のケヴィン・ハートに加わった。

「スーパーペッツ」のアニメ映画は2018年7月に初めて報じられ、「レゴバットマン ザ・ムービー」の脚本家であるジャレッド・スターンが脚本と監督を担当することになっていた。当初、「DCスーパーペッツ」として2021年5月21日に公開される予定だったが、「DC・リーグ・オブ・スーパーペッツ」へタイトルを変更するとともに、1年延期して2022年5月20日に公開されることになった。

「DC・リーグ・オブ・スーパーペッツ」は2022年5月20日に米公開予定。

created by Rinker
¥1,342 (2021/11/29 23:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す