CBRより

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は、これまでのスパイダーマン映画の中で最も長い作品になると報じられているが、新たな報告によると、最終的な上映時間は、これまで考えられていたよりも短くなる可能性がある。

Big Screen Leaksによると、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の最終的な上映時間は、クレジットを含めて2時間28分となり、これまでの報道よりも10分以上短くなるとのこと。以前の報道では、「ノー・ウェイ・ホーム」の上映時間は2時間39分とされていた。

「ホームカミング」が133分、「ファー・フロム・ホーム」が131分であり、スパイダーマンのフランチャイズ作品については、「スパイダーマン」が121分、「スパイダーマン2」が127分、「スパイダーマン3」が139分、「アメイジング・スパイダーマン」が136分、「アメイジング・スパイダーマン2」が144分となっている。

「ノー・ウェイ・ホーム」は、ミステリオがピーター・パーカーの秘密を全世界に暴露した「ファー・フロム・ホーム」のポストクレジットシーンのその後を描いている。その結果、ピーターはサンクタム・サントラムに導かれ、自分の正体を再び秘密にするためにドクター・ストレンジに頼るが、呪文の乱れによってマルチバースに波紋が広がり、過去のスパイダーマン映画に登場した脅威がマーベル・シネマティック・ユニバースに持ち込まれる。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年1月7日に日本公開予定。

created by Rinker
¥204 (2022/01/16 14:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥204 (2022/01/16 11:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す