CBRより

映画「ブラック・ウィドウ」の主演スカーレット・ヨハンソンが、本作をめぐってディズニーを相手に起こした訴訟について語った。

今月初め、ヨハンソンはアメリカン・シネマテーク賞の第35回受賞者となり、AP Entertainmentはこのイベントのレッドカーペットで、ヨハンソンに訴訟についてインタビューを行った。ヨハンソンは「一般的に自分の価値を知り、自分のために立ち上がることは重要なことだと思う。この業界で私はとても長い間仕事をしてきた。もう30年近くになる。この30年の間には多くのことが変化してきた。思うに以前であったら、多分、『困ったな、もし自分のために立ち上がったら、二度と仕事ができないかもしれない。あるいはブラックリストに載るかもしれない』と感じていたかもしれない。ありがたいことに、それは時代の流れの中で変わってきている。そして正直なところ、エンターテインメント業界のように巨大で普遍的な業界で起こっていることは、私がその先頭に立つことが本当に重要だと思う。」と述べている。

ヨハンソンは「ブラック・ウィドウ」の劇場公開とディズニープラス プレミア アクセスでの同時公開が契約違反であるとして、ディズニーを提訴することが7月29日に報じられた。ロサンゼルス高等裁判所に提出された訴訟では、ディズニーとマーベル・エンターテインメントが「ブラック・ウィドウ」の独占的な劇場公開を保証しており、ヨハンソンの報酬の一部は、ディズニープラス プレミア アクセスでの公開により低下した同作品の興行成績に基づいて支払われるとしている。

ディズニーはこの訴訟を「この訴訟には何のメリットもない。この訴訟は、COVID-19パンデミックの世界的な影響の恐ろしさと長期化を無視したもので、特に悲しく、心苦しいもの。ディズニーはヨハンソンさんの契約を完全に遵守しており、さらに、『ブラック・ウィドウ』のDisney+でのプレミア・アクセスでの公開により、彼女がこれまでに受け取った2,000万ドルに加えて追加報酬を得る能力が大幅に向上した。」と述べていた。

9月、ヨハンソンとディズニーは訴訟を解決した。現在のところ、和解内容は明らかになっていないが、ディズニーのCEOであるボブ・チャペックは、この訴訟によって同社の契約への取り組み方が変わるだろうと述べていた。また、ヨハンソンがMCUでブラック・ウィドウ役を再び演じるという兆候はないが、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは今月初め、ヨハンソンが現在、同社の極秘プロジェクトに取り組んでいることを明らかにした。

全世界No.1映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」のマーベル・スタジオ最新作
『ブラック・ウィドウ』最新予告!
孤独な暗殺者ブラック・ウィドウは、なぜアベンジャーズになったのか――?
ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。
姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。
唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。
だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!
ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

映画「ブラック・ウィドウ」はディスク版及びデジタル配信中。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,500 (2022/01/16 20:34:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,960 (2022/01/16 13:59:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す