CBRより

The CWが「ゴッサム・ナイツ」のTVシリーズを制作すると明らかになった。

Varietyによると、このシリーズはバットマンの「反抗的な養子」を描いたもので、「バットマンの敵の子供たちが全員、ケープド・クルセイダーを殺したという濡れ衣を着せられたときに、彼らと思いがけない同盟を結ぶことになる。ゴッサムの最重要指名手配犯となったこの反逆者たちは、汚名を晴らすために戦わなければならない。しかし、ダークナイトのいないゴッサムは、かつてないほど危険な状態に陥っていた。だが、希望は意外なところからやってくる。この不釣り合いな逃亡者のチームは、ゴッサム・ナイツとして知られる次世代の救世主となるのだから。」という。

キャストや公開日などの詳細は発表されていない。また、「反抗的な養子」が誰なのかも不明。コミックでは、ジェイソン・トッド/レッドフード、ダミアン・ウェイン/ロビンなど、バットマンには反抗期の子供や相棒に事欠かない。

ボブ・ケインとビル・フィンガーが生み出したDCキャラクターをベースにしたこのCWシリーズは、「バットウーマン」のスピンオフではなく、発売予定のビデオゲーム「ゴッサム・ナイツ」とも関係がない。

ナタリー・エイブラムス、ジェームス・ストートロー、チャド・フィヴィーシュの3人が脚本を担当し、 ストートロー とフィヴィーシュがエグゼクティブ・プロデューサー、エイブラムスが共同エグゼクティブ・プロデューサーを務める。また、アローバースの大御所であるグレッグ・バーランティが、アローバースのプロデューサーであるサラ・シェクターとデビッド・マデンとともにエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

created by Rinker
¥539 (2022/05/28 00:14:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥803 (2022/05/28 00:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す