Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ミズ・マーベル」に出演するキャスト2人が、シリーズの秘密を守ることについて苦労していることを語った。

Varietyとのインタビューで、ゾーイ役のローレル・マーズデンとナキア役のヤズミーン・フレッチャーは、同シリーズでの仕事について語り、番組の秘密について口を閉ざすのは難しいことだと冗談交じりに語った。マースデンは「とても難しい。」と述べ、フレッチャーは笑いながら「秘密を守るのは本当に大変なことだけど、私たちはそれをやっている。私たちは努力はしている。」と付け加えた。更にフレッチャーは「私はただ、この作品が皆を代表するものであってほしいと願っていて、誰もが私たちと同じようにこの物語に感動してくれ、誰もが私たちと同じようにこの作品を気にかけてくれることを望んでいる。」と語っている。

ドラマ「ミズ・マーベル」は主人公カマラ・カーン役にイマン・ヴェラーニ、カマラの親友ブルーノ・カレッリ役にマット・リンツ、ゾーイ役にローレル・マーズデン、ナキア役にヤズミーン・フレッチャーがキャスティングされている。

「ミズ・マーベル」は2022年にDisney+(ディズニープラス)にて配信予定。

created by Rinker
¥2,420 (2022/07/02 16:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す