Comicbook.comより

ヴィンセント・ドノフリオはNetflixのドラマ「デアデビル」シリーズで彼が演じた「キングピン」をマーベル・スタジオ作品のドラマ「ホークアイ」で再び演じ、ファンはキングピンが同じバージョンなのかどうか、疑問に思っている。ドノフリオは今回もほぼ同じプロセスだったと話す一方で、キャラクターにいくつかの変化があったことは認めている。

ドノフリオはComicBook.comとのインタビューで、「彼は肉体的に強くなり、より肉体的な虐待を受けられるようになることは分かっていた。それは最初からわかっていたこと。マーベルは私がそう言ったことにとても興奮していた。そして、このキャラクターが面白くあり続ける唯一の方法は、たとえ彼をより強くしたとしても、彼の基礎が常に感情的な生活であり、痛み、すべては彼が子供の頃に経験した痛みを通してもたらされるということを、誰もが理解していると思う。そうすれば、面白いキャラクターができあがる。」と述べている。少なくともドノフリオのキャラクターへのアプローチとしては、「デアデビル」と同じバックボーンを持っている想定であり、身体的にはNetflix時より強化された状態にある様子。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。
アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。
けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。
アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか。

「ホークアイ」はDisney+(ディズニープラス)にて11月24日より配信中。

created by Rinker
¥519 (2024/04/18 06:45:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,546 (2024/04/18 00:50:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す