Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ホークアイ」でウィルソン・フィスク/キングピンを再演したヴィンセント・ドノフリオは、「アベンジャーズ/エンドゲーム」における空白の5年で、キングピンに何が起きたのかについての彼の考えを共有した。

ドノフリオはComicBook.comとのインタビューで、ブリップが彼のキャラクターに与えた影響について尋ねられると、「彼は力を失ったと思う。彼の帝国が崩壊したのは、この異世界的な出来事が起こったからだと思う。機会があれば、彼はその段階で帝国を拡大することもできたかもしれないが、その機会が与えられなかった。だから、ホークアイに関しては、自分のものを取り戻すための道を歩んでいるのだと思う。ヴェラ(ファーミガ)とのシーンや(アラクア・コックス演じる)マヤとのシーン、マヤとのすべてのシーンから明らかなように、彼の心は王になることに向いていて、そうなるつもりなんだ。」と述べている。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。
アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。
けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。
アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか。

「ホークアイ」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥437 (2024/02/23 12:31:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥9,907 (2024/02/23 06:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す