Comicbook.comより

※注意:以下、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレが含まれます。

「スパイダーマン」のファンは、もしアンドリュー・ガーフィールドが象徴的なウェブスリンガーを演じ続ける機会があったらどうなっていただろうかと常に考えており、その願いは「スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム」でついに叶った。マーベルとソニーが新たに制作したこの作品では、マルチバースが大きく開き、実写版ピーター・パーカーの3つのイテレーションがすべてスクリーンに登場した。ガーフィールドは復帰の機会を得て、そのチャンスを無駄にすることなく、再び世界中に彼のスパイダーマンとしての素晴らしさを再認識させることに成功した。そして今、ファンたちはさらなる活躍を望んでいる。

Varietyとのインタビューでガーフィールドは、それがやるに値するものであれば、もう一度やってみたいと思っていることを明らかにした。ガーフィールドは「つまり、もしそれが正しいと感じられたら、間違いなく何かに挑戦する。ピーターとスパイダーマンというキャラクターは、より大きな善と多くの人々への奉仕をテーマにしているんだ。彼はクイーンズの労働者階級の少年で、闘争と喪失を知り、深く共感している。その中でピーター・パーカーの倫理的枠組みを借りようと思うのだが、もしその物語に踏み込んでもっと語る機会があるとしたら、自分自身にとても確信をもって自信がなければならないだろう。」と述べている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年1月7日より日本公開中。

created by Rinker
¥100 (2022/12/09 22:52:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す