CBRより

※注意:以下、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレが含まれます。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はマーベル・スタジオとソニーの長年の協力関係が解消されることになっても、この映画は成立するように作られていることを明かした。

共同脚本家のエリック・ソマーズとクリス・マッケナはThe Wrapとのインタビューで、マーベル・スタジオとソニーの協力関係の将来が不確かであるため、本作ではスパイダーマンをマーベル・シネマティック・ユニバースから切り離すことについて話した。マッケナは「我々は常に、トム・ホランド演じるピーター・パーカーと有機的なストーリーを語ろうとしていると思う。この映画、各映画の最後に彼が自分の道を歩むこと以外、他の何かに依存することはできないと分かっている。ソニーとマーベル・スタジオ、そしてエイミー(パスカル)とケヴィン(ファイギ)とのコラボレーションは信じられないほど素晴らしいものだったと思う。私たちは常に、『ああ、私たちが頼ることのできないものを必要とする、あるクリフハンガーで終わるつもり』と考えることは、完全な思い上がりだと知っていると思う。」と述べている。

マッケナは更に「これはそれ自体で満足のいく物語であるべきだ。もしあなたが振り返って、『このピーター・パーカーを、身ぐるみ剥がされ、匿名にし、億万長者の後援者もなく、この力を持つことの本当の意味とそれに伴う責任という犠牲を経て、今は家賃を払う方法を探さなければならないこの場所に連れてくるために3話かけて行われた原点物語だった』と言うのなら、それは本当に満足のいくものだと思う。」と述べている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年1月7日より日本公開中。

created by Rinker
¥204 (2022/01/16 14:42:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥204 (2022/01/16 11:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す