公式より

マーベルは新たなミニシリーズ「X-MEN ’92:ハウス・オブ・XCII」を発表した。全5号のシリーズはライターのスティーブ・フォックスとアーティストのサルバ・エスピンによって描かれ、90年代の「X-MEN」で、ジョナサン・ヒックマンによる「ハウス・オブ・X」が到来していたらを見ることになる。

公式の概要によると「ミュータント種族はプロフェッサーX、マグニートー、そして謎の長寿女性によって導かれ、クラコア島に自分たちの国を建国し、ミュータント界は大きく飛躍しようとしている・・・しかし、これはあなたが知っている物語ではないだろう。『ハウス・オブ・X』の名作を支えたアクション、秘密、そして緊迫したドラマが、全く新しい形で揺さぶられる!」という。

フォックスは「90年代のX-MENコミックは、私の成長に大きな影響を与えたと言っても過言ではない。ミュータントの歴史における重要な時代の30年後に敬意を表し、ジョナサン・ヒックマン、チニ・ハワード、ゲリー・ダガンといったクリエイターが現在手がけているフランチャイズ再定義の作品をリミックスする機会を得ることは、特に原作から大きく逸脱している部分を含めて、『夢の仕事』と定義している。もし明日死んだとしても、私は幸せだ・・・だが、クラコアで至急復活させてくれ。」と述べている。

エスピンは「私は90年代のX-MENからコミックを集め始めた。この時代のキャラクターデザインは、私にとって常に最も魅力的で力強いものだった。私はスペインに住んでいるので、90年代、マーベル・コミックはアメリカでの出版より1年か2年遅れて届いた。テレビシリーズはそうではない。だから、ジム・リーの『X-MEN』#1の素晴らしいカバーを発見した数週間後に、スペインのテレビで『X-MEN』アニメシリーズが放映されることを知り、再び驚かされた。このコミックとテレビシリーズが私の想像力を膨らませ、すぐにファンとしてイラストやミニコミックを作り始め、学校の友達と共有するようになった。これらの絵は、私がコミックアーティストになる夢を追いかけることを後押ししてくれた最初の絵だった。この本では、90年代というパワフルな時代にオマージュを捧げたいと思う。スーパーヒーローたちが、カラフルでピチピチのスパンデックスで、かつてないほど格好良く見えた瞬間だ。」と述べている。

「X-MEN ’92:ハウス・オブ・XCII」#1は4月6日より発売予定。

created by Rinker
¥1,210 (2022/01/22 17:34:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥5,280 (2022/01/23 11:50:10時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す