Comicbook.comより

マーベルは新たなミニシリーズ「スパイダーパンク」を発表した。シリーズはライターのコーディー・ジグラーとアーティストのジャスティン・メイソンによって描かれ、ホビー・ブラウンのスパイダーパンクが主役となる。

公式の概要によると「アナーキー・イン・ザ・スパイダーバース!スパイダーパンクが自分のシリーズを持つ!ホビー・ブラウンはアナーキーなスパイダーパンクで、斧を手に、パンクロッキンヒーローのカオスなバンドを従えてアース138を守ろうとする。ノーマン・オズボーンは死んだが、彼が引き起こした混乱はスパイダーパンクとその一団に手も足も出ないのだろうか?コーディー・ジグラーとジャスティン・メイソンがジャムを奏でる『BANNED IN D.C.』が始まり、バイブスを感じて!」という。

ジグラーは現在手掛けている「アメイジング・スパイダーマン」と比較し、「ホビーとベン・ライリーの間には、確かにいくつかの類似点がある。クレイヴンやドック・オックでは、文字通り顔の見えない企業に立ち向かうベンの姿に触れてきた。その拡大版として、腐敗したアメリカの組織と戦うホビーがある。企業に対するものと政府に対するものとの間には、間違いなく大きな境界線がある。『アメイジング・スパイダーマン』で書いていたことを、この『スパイダー・パンク』ではもっと大きく、もっと洗練されたものにする必要があると思う。ホビーとベンの間には、巨大な組織に対する小さな人々の戦いという、並立した関係があるんだ。」と述べている。

「スパイダーパンク」#1は4月より発売予定。

created by Rinker
¥2,420 (2022/05/20 14:59:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥8,800 (2022/05/21 08:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す