Comicbook.comより

※注意:以下、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレが含まれます。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で14年ぶりにスパイダーマンを再演したトビー・マグワイアが、もう一度スーツを着ることについて語った。

YouTubeのスパイダーマン公式チャンネルで行われたトム・ホランド、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドによるインタビューで、マグワイアは初めてスーツを着たときのことを聞かれ、もう一度スーツを着ることで共演者たちとの間に強い絆が生まれたと明らかにしている。マグワイアは「着ているときは落ち着かないし、おふざけでもあるんだけど、ある意味、あのキャラクターに戻るようなパワーがある。本当に、このキャラクターには親しみがあり、ライクラやスパンデックスを着たおふざけがなくなると、『ああ、すごい。これはクールだ。これは責任もあるけど恵みでもある、自分ができることに感謝しているんだ』と思う。正直なところ、彼らと一緒にいることは、私が予想していたよりも、あるいは言葉で表現するよりも、ずっとずっと豊かな経験だったんだ。」と述べている。

そして、マグワイアは「スーツについての質問ではないのだけど、スーツは、スーツを着た彼らと一緒にいることで、ダンスやシーンでの遊び、改善やお互いへの奉仕、キャラクターが人類への奉仕であるという感覚など、本当にある視点を与えてくれる・・・私はただとても安全で、全員が同じチームで、全員がお互いをサポートしているように感じ、それはただ・・・なんと言っていいか分からないが、本当に愛情深く、楽しいクリエイティブな経験という以外なかった。毎日、感謝の気持ちでいっぱいだった。自分が何をしているのか理解しようとするだけでも、何かに取り組んでいるときいつもそうなるわけではないし、困難がなかったわけではないが、すべてが必要なように展開した。この作品には運命のようなものがあり、スーツはその入り口だったのだろう。」と続けた。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年1月7日より日本公開中。

created by Rinker
¥299 (2022/05/27 21:20:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,927 (2022/05/28 13:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す