CBRより

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」の監督マット・リーヴスは、映画についての多くの計画が進行中であることを確認した。

Esquireとのインタビューで、リーヴス監督は「ザ・バットマン」で新たなユニバースを一から構築するアプローチについて詳しく説明した。監督は「ザ・バットマン」をDCエクステンデッド・ユニバースにつなげることには興味がないと明言しているが、彼はすでにワーナー・ブラザーズと協力して、彼のゴッサム・シティの展望からスピンアウトするプロジェクトの可能性に取り組み始めている。「多くのことが進行中だ」とするものの、リーヴスはまだ何も保証されていないと言う。リーヴスは「この映画が人々にどのように受け取られるかに大きく関わってくることは明らかだ。」と述べている。

新たな伝説の幕開け!新バットマン/ブルース・ウェイン役には、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』のロバート・パティンソンが大抜擢。監督・脚本を務めるのは、『猿の惑星』シリーズでエモーショナルなドラマを描き、SF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブス。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となる、バットマンの新たな伝説が遂に幕を開ける。

映画「THE BATMAN-ザ・バットマン-」は2022年3月11日より日本公開予定。監督:マット・リーヴス 脚本:マット・リーブス、マットソン・トムリン、出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、配給:ワーナー・ブラザーズ映画

created by Rinker
¥299 (2022/05/28 07:48:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/05/28 08:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す